• 背景色 
  • 文字サイズ 

しまね美味満堂22:天ぷらまんじゅう(大田市)

今回は、世界遺産の町に伝わる「天ぷらまんじゅう」を紹介します。


天ぷらまんじゅうの写真
天ぷらまんじゅう


世界遺産・石見銀山にある大田市大森町で、秋祭りにお目見えする「天ぷらまんじゅう」。五色の彩りが鮮やかなお祝い料理です。

江戸時代の終わりから続く菓子店「有馬光栄堂」では、祭りが近づくと専用のまんじゅうづくりが始まります。白いまんじゅうに小豆あん、ピンクのまんじゅうには翡翠(ひすい)色にした白あんを包み、二つをくっつけた一口大の紅白まんじゅう。これを買って帰り、家庭で衣をつけ、天ぷらにするのです。半分に切ると、黄金色の揚げ衣の中は、白、黒、赤、青と彩り豊か。この色彩は、祭りに掲げられる五色の旗にならったもので、店主の有馬善和さんは「昔はどこの家でも、このまんじゅうを揚げて来客に振る舞ったものです。今でも天ぷらまんじゅうがなければ秋祭りじゃない、という人もいるほど」と話します。

こんがりと揚がった香ばしい衣と、甘いあんとの相性は抜群。一つ、また一つと手がのびるおいしさです。


鍋で揚げる様子
衣の香ばしさやサクッとした食感がアクセントに


有馬義和さんの写真
有馬義和さん


大田市の地図


●お問い合わせ
有馬光栄堂(TEL:0854・89・0629)
※天ぷらまんじゅうはご予約ください。




お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp