• 背景色 
  • 文字サイズ 

しまねSCENE

たたら製鉄(奥出雲町)

たたら製鉄の写真


火を絶やさず3昼夜、
1500度に達する炉の中で
砂鉄は粗鋼の塊・「けら」となる。
「けら」から取り出される最も良質な鋼こそ、
日本刀に不可欠な玉鋼。
日本古来の製鉄技術「たたら」は
島根にのみ受け継がれている。


炉から上る炎の勢いや色を見極め、
加減するのは村下(むらげ)の役目。
腕と経験が
炎の中に優れた鋼をつくる。


操業は1~2月。
雪深い島根の山奥に
たたらの炎が燃えさかる。


●お問い合わせ
日刀保たたら事業所(TEL:0854・52・1010)
日本美術刀剣保存協会(TEL:03・6284・1000)

QRコード




お問い合わせ先

広聴広報課

島根県政策企画局広聴広報課
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp