鉄道遺産を訪ねて

明治5年の開業以来、全国にレールを延ばした日本の鉄道。当時の最先端の工法や伝統の技が凝らされた建造物の遺構は、近代化を象徴する“鉄道遺産”として注目を集めています。


県道として使われている5連アーチ橋の写真
県道として使われている5連アーチ橋


幻に終わった広浜(こうひん)鉄道今福線

浜田市の中心部から広島へ抜ける県道脇に、突如姿を現す巨大なコンクリート柱は、下府(しもこう)川に渡す予定だった鉄道橋の橋脚群です。四角い橋脚に挟まれて川の中に建つのは、水流の抵抗を軽減する円筒形の橋脚。いずれも風雨にさらされて表面が黒ずみ、古代遺跡のようです。

広浜鉄道今福線は、浜田市と広島市を結ぶ鉄道として昭和8年に着工しました。しかし昭和15年に戦争の影響で工事は中断。戦後には新たなルートで工事が再開されたものの、昭和55年には国鉄の資金難でストップしました。計画は幻に終わりましたが、ほぼ完成していた建造物の数々が浜田市内に残されています。

浜田市宇津井町にある5連アーチ橋は県道に転用されている“現役”で、脇道を降りると真下から見上げることができます。山の擁壁にめり込むように建つ高さ11メートルの橋は100メートルにわたって続き、壮観。均整の取れたアーチの美しさにも目を奪われます。

傍らを流れる下府川には、4連アーチ橋が架かります。アーチの下を流れる川のせせらぎに耳を傾けながら渡ると、トンネルの遺構が。ここに線路が敷かれるのを待つかのように、今もぽっかりと口を開けています。

浜田市佐野町の集落にあるのは、通称「おろち泣き橋」です。橋の下の特定の位置に立つと、水の音が大きく響いて聞こえ、地元では「今福線の未完を悲しむ大蛇の泣き声だ」とも。

かつて最先端だった建造物も、今は緑と調和し、のどかな風景の一部となっています。


下府川に架かる4連アーチ橋の写真
下府川に架かる4連アーチ橋


大蛇の泣き声がするという「おろち泣き橋」の写真
大蛇の泣き声がするという「おろち泣き橋」


5連アーチ橋と4連アーチ橋の間にある今福第三トンネルの写真
5連アーチ橋と4連アーチ橋の間にある今福第三トンネル


浜田市の地図


●お問い合わせ

浜田市観光交流課(TEL:0855・25・9531)

QRコード1


大正ロマン漂う出雲大社の表玄関・旧大社駅

線路の先に大鳥居が見える旧大社駅のホームの写真
旧大社駅のホーム。線路の先に大鳥居が見える


木造の駅舎から石造りの改札口を抜けると、ホームには駅名板と黒光りする1台のSL。草に覆われた線路には、さびて赤茶けたレールが敷かれたままになっており、古き良き時代から到着する列車の汽笛が今にも聞こえてきそうです。

出雲市にある旧大社駅は、山陰本線の支線・大社線の始発・終着駅として明治45(1912)年に開業。京都や大阪、東京、小郡との間に直通列車も運行し、出雲大社への参詣客でにぎわいました。平成2年に大社線が廃線となった後は大社町(現出雲市)が引き取り、一般公開しています。

旧駅舎は大正時代に建てられた2代目で、東京駅、門司港駅と並ぶ国の重要文化財。横に長い左右対称の平屋は黒瓦の屋根に覆われ、千鳥破風や鴟尾(しび)など純和風の装飾が施されています。細部に目を凝らすと、機関車の動輪をかたどった鬼瓦や亀の形の瓦も。設計者の遊び心が感じられます。

正面玄関から入ると旧3等待合室があり、西洋建築の構造を取り入れた大空間は、高い天井やシャンデリア風の照明がモダン。大勢の乗客がひしめく往時の光景が目に浮かびます。

出雲大社の表玄関として駅舎には貴賓室もあり、皇族の休憩所に使われました。旧駅員室は現在、観光案内所となり、今も昔も変わらず大社の町を訪れる人々の交流拠点となっています。


純和風の外観の写真
純和風の外観


貴賓室の写真
貴賓室


柱がなく広々とした旧3等待合室の写真
柱がなく広々とした旧3等待合室


出雲市の地図


●お問い合わせ

旧大社駅(TEL:0853・53・2885)

QRコード2



お問い合わせ先

広聴広報課

島根県政策企画局広聴広報課
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp 
企業広告
ページの先頭へ戻る