• 背景色 
  • 文字サイズ 

遊愉私的(ゆうゆうしてき)大人の楽しみ006

心静かに写経を体験

豊かな自然や歴史、文化が根づく島根を五感で体験してみませんか。今回は、安来市の清水寺で写経を体験。ゆったり流れる時間を感じながら、一字一字を写しとりました。


写経の様子


仕事や家事で慌ただしく過ぎていく毎日。たまには時間を気にせず心身をリフレッシュしようと思い立ち、写経に挑戦してみました。

訪れたのは、安来市にある清水寺。587年に開かれた山陰を代表する天台宗の古刹(こさつ)です。

杉木立に囲まれた石段は250段以上あり、運動不足を痛感しながら本堂に到着した頃には、早くも身が清められた気分に…。

しかし、今日の本番はここから。写経は本堂の一角「内陣の空間」で体験できるそうです。

机の上に、法務課長の吉岡善正さんが横長の写経用紙を持ってきてくださいました。これからなぞる薄墨の漢字がずらりと並んでいます。

金封を使うときくらいしか筆を持つことがないため、なかなか書き始められずにいると、「写経は一番身近な仏道修行ですから、上手に写そうとするのではなく、素直な気持ちで集中することが大切です」と吉岡さん。

始めに姿勢を正し、呼吸を整えます。紙に向かい、合掌。これから書き写す文言を心で唱え、心が定まったところで、筆先をおろし、慎重に文字をなぞります。まずは、自分の過ちや醜い心を仏様に告白する懺悔文(さんげもん)。次に四十二文字の延命十句観音経。

たまに聞こえるのは、鳥の鳴き声や、風に揺れる梢のさやさやとした音です。写経が進むにつれて、心からも体からも、これまで溜(た)め込んだ悪いものが流れ落ちていく気がします。

最後に中央に描かれた観音菩薩像も写仏し、1時間ほどで終了。余白に日時や願い事などを書き込んで奉納しました。


清水寺の写真
清水寺


体験者が書写の説明を受ける様子
書写の説明を受ける体験者


完成した写経の写真
完成した写経


安来市清水町の地図


写経、座禅体験

●開催日・開始時間
今年は11月30日まで(予定)
(毎月8日と17日、11月11日を除く)
毎日午前10時、午後2時の2回
※開始10分前に集合


●開催地
清水寺本堂・安来市清水町528


●体験料金
写経、座禅とも1000円(1人当たり)


●予約・お問い合わせ
清水寺(TEL:0854・22・2151)
安来市観光協会(TEL:0854・23・7667)


QRコード




お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp