• 背景色 
  • 文字サイズ 

しまね美味満堂14:呉汁(ごじる)〔奥出雲町〕

豊かな歴史風土の残る島根では、この土地ならではの味も受け継がれています。今回は、奥出雲町の郷土料理「呉汁(ごじる)」を紹介します。


呉汁の写真
呉汁


かつて中国山地の山あいの町、奥出雲町や、隣接する飯南町、雲南市などでは、各家庭で大豆を栽培していました。秋の収穫の時には、すりつぶした大豆をみそ汁に加える「呉汁」が食べられていたといいます。

一晩水につけた大豆をミキサーにかけてすり潰し、野菜などを入れたみそ汁に加えます。弱火でじっくり火を通し、汁の表面に大豆の泡が膨らんできたらできあがり。

大豆の泡はふわふわとした食感で、豆のいい香りが食欲をそそります。食べるうちに、泡がみそ汁に溶け込み、味わいもまろやかに。

同町亀嵩(かめだけ)の久兵衛(きゅうべえ)山の麓にある休憩小屋では、予約をすれば呉汁を味わうことができます。小屋を管理する「久兵衛山の会」の重栖保久(おもすやすひさ)代表は、「家庭の味として地域で親しまれた懐かしくてあたたかい味です」と話します。


大豆をすりつぶしたものをみそ汁に入れる様子の写真
大豆をすりつぶしたものをみそ汁に入れる


重栖保久さんの写真
重栖保久さん


奥出雲の地図


●お問い合わせ
奥出雲町観光協会(TEL:0854・54・2260)




お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp