• 背景色 
  • 文字サイズ 

遊愉私的(ゆうゆうしてき)大人の楽しみ002

神に捧げるしめ縄づくりを体験

豊かな自然や歴史、文化が根づく島根を五感で感じてみませんか。今回は、縁結びで有名な出雲大社に奉納する大しめ縄を生み出す地・飯南(いいなん)町で、伝統的な技法を使ったしめ縄づくりを体験します。強くしなやかな地元産のわらに思いを込めながら、ご縁をつむぎましょう。


しめ縄づくりの様子の写真
より合わせた縄を輪の形に編み、自分だけのしめ縄が完成する


出雲大社神楽殿には現在、6代目となる長さ13.5メートル、重さ4.5トンの大しめ縄が掛けられており、その大きさは国内最大級。この大しめ縄を昭和30年代から奉納しているのが飯南町の住民です。その飯南町に、伝統技術の継承や制作、観光の拠点として、大しめ縄創作館がオープンしました。ここで作られるしめ縄は、国内外の神社などから注文が殺到しているそうで、職人が一つ一つ手作業で制作する様子も見学できます。

わらのにおいが広がる大しめ縄創作館では、職人の手ほどきを受けながらしめ縄作りができ、初級、中級、上級の3コースがあります。

今回は、出雲大社の大しめ縄と同じ作り方を気軽に体験できる初級コースに挑戦。まず、1.3メートルほどの稲わらを手渡されます。これは、町内で生産されている専用の稲わらで、穂を垂らす前に刈り取って乾燥させ、青々とした色を保つため、日が当たらないよう大切に保管されていたもの。

この稲わらを二束に分け、右手に持ったわらを右回りに3回、「ギュッ、ギュッ、ギュッ」とひねってから、左に交差させ、右側に来たわらを同じようにひねっては綯(な)っていく「より合わせ」をこつこつ繰り返していきます。片方をひねりながら交差させる際、緩まないようにしっかりとつかんでおくには、想像以上に力が必要。緩むとひねりが戻って形が崩れてしまうため、綯い終わるまで気が抜けませんが、慣れてくるとテンポよく綯うことができ、半分ほど綯った頃には一端の職人気分です。

こうしてできるのが、出雲大社と同じ出雲地方伝統の「大黒(だいこく)締め」。より合わせが終わると、手のひらをわらの上に滑らせてまっすぐにします。好きな形に編み、リボンや花で飾りつけると、世界に一つだけのしめ縄のできあがり。今回は基本的な形の輪締めにしてみました。

出雲大社に奉納するしめ縄が作られる地で、同じわらを使っての特別な体験。ご縁をより合わせてみませんか。


より合わせをする来館者の写真
より合わせをする来館者


完成したしめ縄の写真
完成したしめ縄


大しめ縄創作館の写真
大しめ縄創作館


飯南町の地図


しめ縄づくり体験

●開催日
開館日(年末年始を除き無休)


●開催地
大しめ縄創作館
飯南町花栗54-2


●体験料金・所要時間
初級コース:880円、30〜40分
中級コース:2,000円、40〜60分
中級デコレーションコース:2,500円〜、40〜60分
上級コース:5,000円、60〜90分
※上級コースのみ事前予約が必要


●予約・お問い合わせ
大しめ縄創作館(TEL:0854・72・1017)
(10:00〜17:00)

QRコード




お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp