• 背景色 
  • 文字サイズ 

島根のいいもの源氏巻

「源氏巻」の写真

 

 

山陰の小京都・津和野(つわの)町に伝わる「源氏巻(げんじまき)」は、津和野藩主亀井氏とのゆかりが深い銘菓です。あんの紫がかった色から11代藩主亀井茲監(これみ)の妻が、「源氏物語」で詠まれた「若紫」の和歌を連想して菓銘を名付けたといわれています。

 

源氏巻は薄めに焼き上げたカステラ生地でこしあんを包み、平たい長方形に仕上げます。きめの細かい生地はしっとりと柔らかく、こしあんは口の中にさらりと甘みが広がり、上品な味わいです。

旧城下町にあたるJR津和野駅周辺には、源氏巻を作る和菓子店が軒を連ねています。約10軒ある製造元のうち、明治18年に創業した「山田竹風軒(ちくふうけん)」の5代目・山田浩義(やまだ・ひろよし)さんは「昔ながらの源氏巻にこだわっており、しっとりした生地とあんの絶妙なバランスを心がけています。きめが非常に細かい源氏巻専用のこしあんは、現代風の程よい甘さにしています」と話します。

最近では食べやすいサイズにカットしたものや粒あん入りなど種類が豊富になり、お土産選びに彩りを添えています。

 

 

「源氏巻」の写真

 

 

 

●お問い合わせ
山田竹風軒本店(TEL:0120・202・543)

 

 

 

島根のいいもの情報満載!
「まち楽島根」で検索

 

島根のいいものプレゼント!!クイズ&アンケート

隠岐の島町で受け継がれる伝統の闘牛は何でしょうか。「牛○き」とお答えください。
(ヒントはこちらにあります)

 

 

はがきに次の事項をご記入の上、お送りいただくと、山田竹風軒の「源氏巻」(6本入り)を抽選でプレゼントします。

 

 

 

プレゼントの写真
※写真はイメージです。

 

 

 

1:クイズの答え
2:シマネスクの読みやすさは?
(ア).読みやすい(イ).普通(ウ).読みにくい
3:2の理由(1つ選んでください)
(ア).文章(イ).デザイン(ウ).写真・イラスト(エ).内容(オ).その他
4:今回の記事で印象に残ったものは?
5:シマネスクの感想(取り上げてほしい内容など)
6:郵便番号、ご住所、お名前、性別、年代、電話番号

 

 

 

■応募締め切り/平成28年5月10日(火)消印有効
■あて先/〒690-8501島根県広聴広報課シマネスククイズ係
■プレゼント/「源氏巻」10名様
※当選者の発表は、プレゼントの発送をもってかえさせていただきます。
※いただいた個人情報については適正に管理し、目的外の利用はいたしません。

 

 

 


 


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp