• 背景色 
  • 文字サイズ 

I・J・Uターン者インタビューしまね移住人

生き方見つめ、導かれた地

都会で仕事に追われる日々に一区切りつけ、豊かな自然や伝統が色濃く残る山間部の町・奥出雲町にIターンした松崎百合子さん。古里に愛着を持つ地元住民とともに、人と物の魅力を町内外に発信しています。

松崎百合子さんの写真その1

松崎百合子さん

まつざき・ゆりこ
昭和55年生まれ、さいたま市出身。東京都内の大学を卒業後、総合商社や教育、IT関連企業で勤務。平成22年に知人の薦めで東京都から奥出雲町へIターンし、奥出雲町商工会職員を経て企画会社「咲楽(さくら)」で町の活性化や魅力創出にかかわる事業に取り組んでいる。夫と娘、義父母の5人暮らし。
●お問い合わせ
有限会社咲楽(TEL:0854・52・0705)

 

なぜ奥出雲町にIターン?

大学卒業後はキャリアアップを重ねながら仕事に熱中していました。IT関連企業に転職後、売り上げ達成のために終日デスクワークに追われ、すぐ近くの同僚ともパソコンを通して「文字で会話する」働き方がストレスになり、体調を崩してしまいました。それがきっかけとなり、今までの生き方を見つめ直し、人との関わりを大切にしたいと強く思うようになりました。

ちょうどその頃、かつてお世話になった奥出雲町の関係者に会う機会がありました。私が心身ともに疲れている様子を見かねて「奥出雲へおいでよ」と声をかけてもらったことから、状況を変えたい一心で奥出雲町への移住を決めました。

 

 

松崎百合子さんの写真その2

 

奥出雲町にIターンして感じたことは?

移住後は教育関連の仕事に携わった経験を生かし、奥出雲町商工会の地域振興巡回員として、地元の横田高校で地域課題に取り組む仮想会社を設立したり、地元産品を修学旅行先で販売する体験学習に取り組んだりしました。その経験で分かったのは、この町はたたら製鉄やそろばんを代表とする伝統産業や自然・農産物が豊富で、特に若い世代を中心に古里に誇りを持っていることです。一方、その魅力を発信するには人手が不足しているということも感じました。

商工会では人や物のつなぎ役として事務作業を担い、3年半の任期を終えた後は、地元の女性が起業した企画会社に就職しました。地域産品のカタログギフトの作成や結婚式の運営、産官が連携する旅行商品開発などの事務を行っています。奥出雲の人と物の交流の活性化にいろいろとかかわることができ、やりがいを感じています。


これから定住を考える人へ

奥出雲町はお茶やお花へのたしなみや伝統・自然を大切にする心、挨拶(あいさつ)を交わすコミュニティーが日常の暮らしの中に受け継がれていて、刺激的です。女性が控えめな土地柄ですが、Iターンなので活動的でも受け入れられやすいようです。

移住前に比べると所得は減りましたが、生活費の負担も軽くなったので困ることはありません。日々、この土地のおいしいものを食べ、家族の団らんや人との関わりの中で生きている実感があり、都会にはなかった暮らしの豊かさに幸せを感じています。

 

 

「大人のそろばん教室」の進行を確認する松崎百合子さんの写真
「大人のそろばん教室」の進行を確認する松崎百合子さん

 

 

 

旅行モニター事業の応対の写真
旅行モニター事業の応対

 

 

 

作成に加わったカタログギフトの写真
作成に加わったカタログギフト

 

UIターン支援情報しまねにUIターンしませんか?

島根へのUIターンを希望される方のために、次のメニューを中心に支援しています。

 

 

【UIターンのための無料職業紹介】
県外在住のUIターン希望者が、島根県内で就職ができるように無料職業紹介を行っています。求職の登録をしていただくと、求人情報などの定住情報の提供を行うとともに、職業相談やあっせん等を行います。

 

 

 

 

【UIターンのための産業体験】
県外在住の方が県内の受入先で一定期間、農林漁業などの産業体験を行う場合に、滞在に要する経費の一部を助成します。

 

 

 

 

《ふるさと定住・雇用情報コーナー》
●にほんばし島根館内(TEL:0120・60・2357)
●島根県大阪事務所内(TEL:0120・70・2357)
●島根県広島事務所内(TEL:0800・1006・435)

 

 

 

 

《くらしまねっと》
http://www.kurashimanet.jp/(外部サイト)
QRコード

 

 

 

 

(公財)ふるさと島根定住財団
TEL:0852・28・0690
https://www.teiju.or.jp/(外部サイト)
E-mail:shimane@teiju.or.jp

 

 




お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp