• 背景色 
  • 文字サイズ 

しまねインフォメーション

マリメッコ展ーデザイン、ファブリック、ライフスタイル
2016年4月23日(土)〜2016年7月11日(月)

展示品「ウニッコ」(ケシの花)の写真
ファブリック≪ウニッコ≫(ケシの花)、図案デザイン:マイヤ・イソラ、1964年
Unikko pattern designed for Marimekko by Maija Isola in 1964

 

 

フィンランドを代表するデザインハウス、マリメッコの国内初となる大規模な展覧会。計200点以上の展示作品と撮り下ろし映像で60年にわたる歴史をたどります。観覧料一般1000円、大学生600円、小中高生300円。火曜日休館。
【県立石見美術館】
(TEL:0856・31・1860)

 

 

 

特別展遷宮ー受け継ぐこころとかたち・増浦行仁「神の宮」ー
2016年3月25日(金)〜2016年5月18日(水)

 

遷宮のポスター

 

 

出雲大社の遷宮の歴史と、今回の平成の大遷宮を紹介するとともに、写真家・増浦行仁氏が撮影された出雲大社と伊勢神宮の遷宮の写真を展示し、受け継がれていく「こころとかたち」に迫ります。
観覧料一般1000円、大学生500円、小中高生300円。4月19日のみ休館。
【県立古代出雲歴史博物館】
(TEL:0853・53・8600)

 

 

 

没後45年榊原紫峰知られざる花鳥画家の生涯国展の仲間たちとともに
〜2016年5月31日(火)

 

榊原紫峰「白鷺図」(大正15年頃)の写真
榊原紫峰「白鷺図」(大正15年頃)

 

 

生涯花鳥画を描き続けた日本画家・榊原紫峰(1887〜1971年)の没後45年を記念し、初期から晩年にいたるまでの名品を、国画創作協会の仲間たちの作品とともに紹介します。
観覧料一般2300円、大学生1800円、高校生1000円、小中学生500円。
【足立美術館】
(TEL:0854・28・7111)

 

 

 

ポーラ美術館コレクションモネからピカソ、シャガールへ
2016年4月15日(金)〜6月20日(月)

 

クロード・モネ作「睡蓮」の写真
クロード・モネ《睡蓮》1907年

 

 

ポーラ美術館のコレクションから、19世紀後半〜20世紀前半の西洋近代美術史を語るうえで最も重要な作家たちの作品71点を紹介します。
観覧料一般1000円、大学生600円、小中高生300円。5月3日を除く火曜日休館。
【県立美術館】
(TEL:0852・55・4700)

 

トピックス

各県人会では新規会員を募集しています!!

 

 

島根県外の各地域で活動している「島根県人会」をご存じですか?

 

島根県出身者等が相互の親睦とふるさと島根との交流を深めるために活動しています(詳しくは東京、大阪、広島の各事務所のHPをご覧ください)。

入会のお問い合せなど、お気軽にご連絡ください。

 

 

【各地域の島根県人会】
東京、北海道、東北、厚木市、浜松市、近畿、東海、京都、寝屋川、尼崎、神戸、広島、岡山、北九州、福岡、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄

 

 

 

●お問い合わせ
島根県東京事務所(TEL:03・5212・9070)
島根県大阪事務所(TEL:06・6364・3605)
島根県広島事務所(TEL:082・541・2410)

 

 

 


 

島根への交通アクセス説明図



お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp