• 背景色 
  • 文字サイズ 

島根のいいもの「メダイ」

 

島根のいいものメダイ

 

 

「目鯛」の漢字名を持つメダイは、その名の通り丸い大きな目玉が特徴です。
九州南方で稚魚が生まれて北上し、島根県沖では体長60センチに成長したものが水揚げされます。
県内では「ダルマ」の愛称で知られ、旬は冬。島根産のメダイは九州や広島、関西方面で人気が高く、近年は高級魚として流通しています。

 

上品な白身は癖がなく、あっさりとした味わいです。旬の時季は脂が乗り、刺し身にすると、もっちりした食感でマグロのトロにも勝るおいしさ。
ほかにもしゃぶしゃぶや鍋物、照り焼きなどさまざまな料理に向き、頭やアラは大根と炊き合わせてもおいしくいただけます。

早朝に出漁する「日帰り漁」が行われている大田(おおだ)市では、とれたての魚が夕方に市内の和江(わえ)漁港へ水揚げされ、その日のうちに競りにかけられます。
近海の魚が鮮度の良いうちに市場に並ぶことから、市内の流通業者らは地元産鮮魚を「一日(いちにち)漁」ブランドとして差別化を図り、県内外にPRしています。
特にメダイは、手釣り等で漁をするため魚が傷みにくいと評判です。

おおだ一日漁推進協同組合に加盟する海鮮料理店「○(まる)だい」店長の大澤諭史(おおさわさとし)さんは「手釣りのメダイは身の弾力が格別。
旬の季節は身が締まり、おいしさが増します」と話しています。

 

メダイの写真

 

 

◯お問い合わせ
おおだ一日漁推進協同組合TEL0854・82・8102

 

 


島根のいいものプレゼント!!

クイズ&アンケート

メダイの薄造り
※写真はイメージです

 

島根県西部で盛んな伝統芸能は何でしょうか。「○○神楽」とお答えください。(ヒントはこちらにあります)

 

 

はがきに次の事項をご記入の上、お送りいただくと、大田市の日帰り漁で水揚げされたメダイの薄造り(2〜3人前、冷凍)を抽選でプレゼントします。
1:クイズの答え
2:シマネスクの読みやすさは?
(ア).読みやすい(イ).普通(ウ).読みにくい
3:2の理由(1つ選んでください)
(ア).文章(イ).デザイン(ウ).写真・イラスト(エ).内容(オ).その他
4:今回の記事で印象に残ったものは?
5:シマネスクの感想(取り上げてほしい内容など)
6:郵便番号・ご住所・お名前・性別・年代・電話番号

 

 

■応募締め切り平成27年2月10日(火)消印有効
■あて先〒690−8501島根県広聴広報課シマネスククイズ係
■プレゼント「メダイ薄造り」8名様
※当選者の発表は、プレゼントの発送をもってかえさせていただきます。
※いただいた個人情報については適正に管理し、目的外の利用はいたしません。

 

 


 


お問い合わせ先

広聴広報課

島根県政策企画局広聴広報課
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp