• 背景色 
  • 文字サイズ 

神々を舞う石見神楽

島根県は、岩手県、宮崎県と並ぶ、神楽の盛んな国内有数の“神楽県”です。
県内には250前後の神楽社中があり、そのうち約150は県西部にある石見神楽の社中と言われています。
絢爛豪華(けんらんごうか)な衣裳をまとい、さまざまな面を着けて勇壮に舞う石見神楽は、にぎやかな笛や太鼓のはやしと相まって、観客を魅了します。
その演目には、古事記などに登場する神話の世界を再現したものが多くあります。

大蛇の写真(江津市・有福温泉神楽団)
大蛇(江津市・有福温泉神楽団)

石見神楽の代表的な演目は、何といっても「大蛇(おろち)」です。スサノオノミコト(須佐之男命)が八岐大蛇(やまたのおろち)を退治する、古事記の神話を再現。
舞台には何頭もの大蛇が登り、長い蛇胴を自在に操って絡み合い、さらにスサノオと立ち回りを演じます。
大蛇は煙幕や火も吹き、迫力満点です。
神楽はもともと神職による神事でした。
明治時代に入って神職の演舞が禁止されると、氏子らが舞うようになりました。
島根県西部ではそれが各地に広まるとともに、テンポの緩やかな六調子だけでなく、アップテンポな八調子の神楽を生み出すなど工夫も凝らされ、「見て楽しい神楽」へと発展してきました。
祭りの場に神を迎えたり、氏子にその神社の祭神を知ってもらうために演じられた神楽本来の役割を考えると、神話を題材とする演目が多いのは自然なことです。
石見神楽でも「大蛇」のほかに、鯛を釣り上げるコトシロヌシノミコト(事代主命)をユーモラスに描いた「恵比須」、
葦原中国(あしはらのなかつくに)を治めていたオオクニヌシノミコト(大国主命)が高天原(たかまがはら)から国譲りを迫られる「国譲(くにゆずり)」(「国受(くにうけ)」「鹿島」とも言う)、
オオクニヌシと兄弟神・八十神(やそがみ)との戦いを題材にした「八十神」、アマテラスオオミカミ(天照大御神)の岩戸隠れを神楽化した「岩戸」といった、古事記などに登場する神話や神様にちなむ演目があります。
石見神楽で「大蛇」と並ぶ花形演目の「鍾馗(しょうき)」は、茅(ち)の輪を持った鍾馗が疫病の原因である鬼を退治する話。鍾馗は中国に渡ったスサノオノミコトとされています。
石見神楽は秋祭りの際、石見地方の各地の神社で夜通し演じられます。
近年では観光資源としても注目され、江津市・有福温泉の「湯の町神楽殿」のように常設の演舞場が設けられるなど、石見地方各地で定期公演する施設が増えています。

恵比須の写真(江津市・有福温泉神楽団)
恵比須(江津市・有福温泉神楽団)

八十神の写真(浜田市・岡崎神楽社中)
八十神(浜田市・岡崎神楽社中)

国譲の写真(益田市・石見神楽保存会久城社中)
国譲(益田市・石見神楽保存会久城社中)

岩戸の写真(邑南町・雪田神楽団)
岩戸(邑南町・雪田神楽団)

鍾馗の写真(江津市・上津井神楽社中)
鍾馗(江津市・上津井神楽社中)


○お問い合わせ
石見観光振興協議会(TEL0855・29・5647)
大田市観光協会(TEL0854・89・9090)
川本町観光協会(TEL0855・72・0636)
美郷町観光協会(TEL0855・75・0805)
邑南町観光協会(TEL0855・95・2565)
浜田市観光協会(TEL0855・24・1085)
江津市観光協会(TEL0855・52・0534)
益田市観光協会(TEL0856・22・7120)
津和野町観光協会(TEL0856・72・1771)
吉賀町観光協会(TEL0856・77・1255)
神々の国しまね実行委員会(TEL0853・53・8835)
 

Copyright(C)2005ShimanePref.AllRightReserved


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp