• 背景色 
  • 文字サイズ 

神在月に集う


全国的に「神無月(かんなづき)」と呼ばれている旧暦10月を、出雲地方では「神在月(かみありづき)」と言います。
八百万神(やおよろずのかみ)が全国から集うためです。この神々を迎えて祀(まつ)る神在祭をいくつかの神社が行っています。
神々の滞在中、神社の地元では歌舞音曲を遠慮し、忌(い)み慎みます。このため神在祭は別名「お忌みさん」とも言われています。

出雲大社に集った神々をオオクニヌシを中心に、ユーモラスに描いた「出雲の大社八百萬神どうけ遊び図」の写真(古代出雲歴史博物館蔵)
出雲大社に集った神々をオオクニヌシを中心に、ユーモラスに描いた「出雲の大社八百萬神どうけ遊び図」(古代出雲歴史博物館蔵)

 

 

出雲大社(出雲市大社町)は、旧暦10月10日の夜に稲佐の浜で神迎祭を執り行います。
しめ縄を巡らせた砂浜の斎場で、海から神々を迎え、龍蛇神(りゅうじゃしん)(海蛇)を先頭に、神々が乗り移った神籬(ひもろぎ)を神職が白い絹垣で覆いながら出雲大社へ巡行。
神々の宿舎とされる東西の十九社に安置されます。神在祭は17日まで行われます。
出雲大社に八百万神が集うのは、祭神のオオクニヌシノミコト(大国主命)が国譲りにより、「幽事(かくれたること)」、
すなわち人間の力では把握できない世界を支配することになったと「日本書紀」で記されており、オオクニヌシのもとで人々の縁などについて協議するためとされています。
小高い山の山頂近くにある朝山神社(出雲市朝山町)では、旧暦10月1日に鳥居の下に神籬を立てて神迎えをし、10日に神送りをします。
島根半島の西端にある日御碕(ひのみさき)神社(出雲市大社町)は旧暦の10月11日から17日にかけて神在祭を行います。
八百万神が出雲大社の後に立ち寄るとされるのが、斐伊川沿いに鎮座する万九千(まんくせん)神社(出雲市斐川町)です。
旧暦10月17日に神迎えをし、26日の神等去出(からさで)祭では宮司が弊殿の戸を梅の小枝でたたきながら「お立ち」と三度唱えて神々に出発の時が近いことを知らせます。
この後、神々は直会(なおらい)を開き、各地に帰っていきます。
一方、佐太(さだ)神社(松江市鹿島町)では、かつては八百万神の母神であるイザナミノミコトが旧暦10月に亡くなり、その神陵があることから、八百万神がしのんで集うとされていました。
現在では月遅れの11月20日に境内で神迎神事を執り行い、25日の神等去出神事(神送り神事)は、境内での祭祀に続いて、西北約2キロ離れた神目山(かんのめやま)で神籬を木の小舟に乗せ、神々を送ります。
佐太神社に先だって八百万神を迎えるのが、イザナミを主祭神とする神魂(かもす)神社(松江市大庭町)で、11月11日に神迎祭を行います。
佐太神社の後に立ち寄るとされているのが、松江市の中心を流れる大橋川の左岸にある多賀神社(松江市朝酌町)です。11月25日に参集し、翌26日に帰途へ。
この間、神様の直会を邪魔しないように、神社の入り口にしめ縄を張り、境内に人が入らないようにします。
松江市中心部の南側にある売豆紀(めづき)神社(松江市雑賀町)はさらにこの後、12月3日に神迎えをします。
八百万神は1週間程度滞在し、直会をして帰ると言われています。
全国から集まる神々を出雲地方では厳かに、かつ温かくお迎えします。
神在月に神々とともに島根に足を運んでみませんか。


佐太神社の神等去出神事の写真
佐太神社の神等去出神事

日御碕神社の写真
日御碕神社

売豆紀神社の写真
売豆紀神社

万九千神社の神等去出祭の写真
万九千神社の神等去出祭

マップ

 

 

 

 

 

Copyright(C)2005ShimanePref.AllRightReserved


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp