• 背景色 
  • 文字サイズ 

島根温泉紀行

斐乃上温泉の写真その1(奥出雲町)

斐乃上温泉の写真その2(奥出雲町)


船通山の写真(標高1142m)
船通山(標高1142m)

 

 

 

斐乃上温泉は、喜連川(きつれがわ)温泉(栃木県)、嬉野(うれしの)温泉(佐賀県)とともに「日本三大美肌の湯」として有名で、出雲神話のヤマタノオロチ伝説で知られる斐伊(ひい)川の源流、奥出雲町と鳥取県の境にそびえる船通山(せんつうざん)のふもとに湧(わ)きでています。
泉質はアルカリ性単純泉で、肌触りがやわらかく、入浴すると肌がつるつるし、特に女性客に人気です。
県内をはじめ広島方面などから年間約3万人が訪れ、船通山登山客もその疲れを癒やします。
町にはヤマタノオロチをイメージさせる国内最大級の二重ループ式国道「奥出雲おろちループ」が走るほか、古代製鉄技術のたたら製鉄を紹介する施設もあります。
昭和49年にオープンした斐乃上荘の赤水祐介(あかみずゆうすけ)支配人は「美肌効果から泉源の湯を持ち帰る人も多く、休日には列ができるほど」と泉質の素晴らしさをアピールしています。

斐乃上荘外観の写真
斐乃上荘外観

宿泊用の部屋の写真
宿泊用の部屋

奥出雲おろちループの写真
奥出雲おろちループ
マップ


斐乃上荘
○入浴料/一般400円、3歳〜小学生200円
○お問い合わせ/0854・52・0234

 

 

 

 

 

 

Copyright(C)2005ShimanePref.AllRightReserved


お問い合わせ先

広聴広報課

島根県政策企画局広聴広報課
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp