• 背景色 
  • 文字サイズ 

国引き神話


薗の長浜と三瓶山の写真
薗の長浜と三瓶山

 

 

 

古事記と同じ時代にまとめられた書物に出雲国風土記(いずものくにふどき)があり、そこではヤツカミズオミヅノミコトによる古代出雲の国つくりを物語る勇壮な「国引き神話」が繰り広げられています。
風土記によると、ヤツカミズオミヅはできたばかりの出雲国が狭いため、朝鮮半島や隠岐、北陸などから余った土地を「国来、国来(くにこ、くにこ)」と綱で引き寄せて、杵築(きづき)の御埼(みさき)、狭田国(さだのくに)、闇見国(くらみのくに)、三穂(みほ)の埼(さき)など、今の島根半島をつくった、とされています。
国引きを終えたヤツカミズオミヅは「おえ」と杖(つえ)を立てて終了を宣言。
その場所が意宇(おう)の杜(もり)と呼ばれる松江市東部にある地で、近くには出雲国庁跡もあります。
国引きの綱に当たるのは、国譲り神話の舞台・稲佐の浜から西に伸びる薗(その)の長浜で、綱を固定した杭(くい)が三瓶(さんべ)山(佐比売(さひめ)山)だと言われています。
薗の長浜の中ほどにはヤツカミズオミヅを祀(まつ)る長浜神社が鎮座し、境内では秋の例祭に併せ綱引きも行われています。
また杵築の御埼には出雲大社(杵築大社)が、狭田国には佐太(さだ)神社が、三穂の埼には美保神社があるほか、闇見国と呼ばれた地には漢字の読みが同じ久良彌(くらみ)神社があります。
このほか狭田国の近くにある島根半島の洞窟(どうくつ)・加賀(かか)の潜戸(くけど)には、黄金の矢が洞窟内を照らし佐太大神(さだのおおかみ)が生まれたという神話も残されています。

マップ

 

 

 

 

長浜神社の写真
長浜神社

佐太神社の写真
佐太神社

島根半島の写真
島根半島

加賀の潜戸の写真
加賀の潜戸

美保神社の写真
美保神社

意宇の杜の写真
意宇の杜

久良彌神社の写真
久良彌神社

○お問い合わせ
神話のふるさと「島根」
推進協議会事務局
TEL0852・22・5484

 

Copyright(C)2005ShimanePref.AllRightReserved


お問い合わせ先

広聴広報課

島根県政策企画局広聴広報課
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp