• 背景色 
  • 文字サイズ 

島根温泉紀行

三瓶温泉のロゴ画像(大田市)

三瓶温泉場の写真(大田市)
マップ

 

 

 

島根県中央部の大田市にそびえる三瓶山ろくに湧(わ)くのが三瓶温泉です。
江戸時代に山の湯治場として始まり、昭和34年までは志学(しがく)温泉と呼ばれていましたが、国民保養温泉地指定とともに現在の三瓶温泉に改称されました。
泉質はナトリウム塩化物泉で、鉄分が混じって少し濁りはあるものの滑らかな肌触りです。
大自然に囲まれた温泉は、広島や関西方面からの観光客が多く、夏休みと秋の紅葉シーズンがにぎわいます。
ややぬるめの湯ながら1分間に3000リットルを超す全国でも有数の湯量を誇り、周辺の各施設が利用しています。
このうち昭和35年にオープンした国民宿舎さんべ荘の畑博康(はたひろやす)支配人は「酒樽(さかだる)や笹舟(ささぶね)などさまざまな形の露天風呂を楽しんでほしい」と話しています。

 

 

 

 

さんべ荘外観 露天岩風呂
酒樽風呂
スポットの写真一覧
さんべ荘外観
露天岩風呂
酒樽風呂

 


国民宿舎さんべ荘

○入浴料/一般500円、小学生300円、幼児100円
○お問い合わせ/TEL0854・83・2011

 

 

 

 

Copyright(C)2005ShimanePref.AllRightReserved


お問い合わせ先

広聴広報課

島根県政策企画局広聴広報課
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp