• 背景色 
  • 文字サイズ 

I・J・Uターン者インタビューしまね移住人

羊飼いの夢を追い求めて・・・

 

東海林誠さんの写真
東海林誠さん
しょうじ・まこと昭和51年、千葉県生まれ。平成11年大学卒業後、野菜市場に勤めて流通を学び、その後実家の食品関連業を手伝い経営ノウハウを学ぶ。
平成21年に全国の定住候補地を回り、川本町で牧場経営に乗り出す。

 

 

小学生の時から牧場経営の夢を持ち、高校、大学時代の長い休みを利用して国内の牧場などで研修し、島根県中央部の中山間地・川本町に移住した東海林誠さん。全国を巡る中で見つけた安住の地で、地域の仲間に助けられながら羊ビジネス定着に向かって新たな一歩を踏み出しました。

 

島根に来たきっかけは?


家業を手伝いながら、新規就農を考える集いに何度も顔を出して情報収集に努め、3週間かけて島根など7か所の候補地を巡る旅に出掛けました。
その中で信頼できる人との出会いや自然環境などから川本町がフィーリングにあうところだと決断しました。
初めて羊を出荷する東海林誠さんの写真(左)
初めて羊を出荷する東海林誠さん(左)

 

移住はスムーズにいきましたか?


牧場が決まるより一足早く町の定住コーディネーターとして採用してもらえることになり、生活面の支えになると喜びました。
また町内の人から牧場を借りることができ、羊も譲ってもらえるなど、予想以上の順調さで、周囲の人に感謝しています。


羊飼いの魅力はなんですか?


大学時代に羊の生態に興味を持ち、いつか飼いたいと思うようになりました。
存在自体が癒やしであり、毛は衣類に活用でき、肉は食べることができるように、自分にとって他に変わるものがない生き物です。


これからの生き方や定住を考える人への助言は?


昨年1匹売れたんですが、まだまだ飼育技術が不十分なので、いろいろ勉強しながら技術を磨いて数を増やしたい。
羊とは一生ともに過ごしていきたいと思っています。
Iターンを考えている人は、なるべく多くの場所を見て、後悔しないところを決めてほしい。
田舎の生活は苦労が伴うので、納得した場所であれば苦労を楽しみに変えることができると思います。

愛情を持って羊に接する写真
愛情を持って羊に接する

牧場近くの自宅でくつろぐ写真
牧場近くの自宅でくつろぐ

 

UIターン情報しまね「しまねにU・Iターンしませんか?」

 

島根へUIターンを希望される方のために、下記メニューを中心に、支援しています。

 

【UIターンのための無料職業紹介】
島根へのUIターン就職を希望される方のために、無料職業紹介を行っています。
登録されると、県内企業に就職するためのあっせんを行います。
またUIターン向け求人情報を定期的にお届けします。下記ホームページからも求職登録が可能です。

 

【UIターンのための産業体験】
県外在住者が県内の受入先で一定期間、農林水産業などの産業体験を行う場合に、
滞在に要する経費の一部(月額5万円)を助成します。

 

《ふるさと定住・雇用情報コーナー》
●にほんばし島根館TEL0120-60-2357
●島根県大阪事務所TEL0120-70-2357
●島根県広島事務所TEL082-541-2410

《くらしまねっと》
http://www.kurashimanet.jp/(外部サイト)


(財)ふるさと島根定住財団<ジョブカフェしまね>
TEL0852・28・0690
http://www.teiju.or.jp(外部サイト)
E-mail:shimane@teiju.or.jp

 

 

Copyright(C)2005ShimanePref.AllRightReserved


お問い合わせ先

広聴広報課

島根県政策企画局広聴広報課
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp