• 背景色 
  • 文字サイズ 

スサノオのオロチ退治

平成24年に日本最古の史書である古事記が編(へん)さんされて1300年を迎えることから、「神話のふるさと島根」がいま脚光を浴びています。
古事記に記された数多くの出雲系神話の中からスサノオノミコトのヤマタノオロチ退治伝説にスポットを当ててみます。


スサノオのオロチ退治

月岡芳年「素戔嗚尊(すさのおのみこと)出雲の簸川上(ひのかわかみ)に八頭蛇(やまだのおろち)を退治し給う図」の画像(県立古代出雲歴史博物館蔵)
月岡芳年「素戔嗚尊(すさのおのみこと)出雲の簸川上(ひのかわかみ)に八頭蛇(やまだのおろち)を退治し給う図」(県立古代出雲歴史博物館蔵)


神々が住む高天原(たかまがはら)を追放されたスサノオが最初に降り立ったのは、出雲の肥(ひ)の河上の鳥髪(とりかみ)の地とされ、
そこでオロチに狙われたクシナダヒメを助けるというのが、神話のあらすじです。
鳥取県境に位置する奥出雲町の船通山が降り立った場所といわれ、宍道湖に注ぐ斐伊川の源流になります。
山腹にはオロチのすみかといわれる鳥上の滝もあるほか、ヒメを祀(まつ)る稲田神社、ヒメが誕生時に使った産湯の池、両親アシナヅチ、
テナヅチの屋敷跡などの伝承地があります。
さらに雲南市内の斐伊川中流域にもオロチ退治の伝承が数多く残されています。
オロチのすみかといわれる天が淵(あまがふち)や八頭坂(やとざか)があるほか、オロチ退治用の酒を作ったかまど跡や酒を入れた壷(つぼ)を祀る神社、
苦しんだオロチが枕にした山、オロチの頭を埋めた八本杉などもあります。
ユネスコ無形文化遺産に登録申請中の佐陀神能(さだしんのう)をはじめ出雲の神楽などの伝統芸能でもオロチ退治はなくてはならない演目です。
地域の中で連綿と舞い継がれている姿を見るにつけ、神話の世界が人々の暮らしの中に根付いているのが実感できます。

イメージ

神話のふるさと島根
○お問い合わせ
神話のふるさと「島根」推進協議会事務局
(TEL0852・22・5484)

 

Copyright(C)2005ShimanePref.AllRightReserved


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp