• 背景色 
  • 文字サイズ 

島根の不思議発見?!

島根にはイカ寄せの浜があるという・・・・・

島根にはイカ寄せの浜があるというイメージ画像
マップ
人形の看板が設置された浜に押し寄せたイカの写真(平成18年)
人形の看板が設置された浜に押し寄せたイカ(平成18年)

イカにまつわる伝説の残る由良比女神社の写真
イカにまつわる伝説の残る由良比女神社

由良湾最奥部のイカ寄せの浜の写真
由良湾最奥部のイカ寄せの浜

 

 

 

隠岐・島前の西ノ島町には冬場にイカの大群が岸辺に押し寄せ、手づかみできるという不思議なイカ寄せの浜があります。
この浜は南に開いた海に突き出した丸い岬に沿って「ノの字」形に入り込んだ由良湾(ゆらわん)の最奥部に位置します。
待ち受け漁法である定置網のように一度入ったら出られない地形が不思議な現象を生み出しているようです。
昭和30年代までは冬場の風物詩だったそうで、番小屋まで設置されていました。
近年は大群を見る機会は減りましたが、平成18年2月に数千匹のマイカが押し寄せ、シュッ、シュッという音に気付いた住民が手づかみする姿が見られたほか、
昨年1月にもマイカの群れが波打ち際を埋め尽くしました。
由良湾の奥に鎮座する由良比女(ゆらひめ)神社にはイカにまつわる伝説が残されており、真野康生(まのやすお)宮司は「出雲大社に出掛けた祭神を迎える秋の神帰祭(かみがえりさい)の時には、多少にかかわらずイカが祭神を迎えに由良の浜に寄る」と話しています。

 

 

 

Copyright(C)2005ShimanePref.AllRightReserved


お問い合わせ先

広聴広報課

島根県政策企画局広聴広報課
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp