• 背景色 
  • 文字サイズ 

島根スサノオマジック

島根スサノオマジック画像その1島根スサノオマジック画像その2
 

16チームで熱戦展開

 

bjリーグは平成17年秋に、地域に密着しながら国際的にも活躍できる選手を育成しようと新潟や埼玉など6チームで発足。
年々参加チームが増え、現在13チームが東西に分かれて優勝を競っています。
今秋のシーズンからは島根のほかに秋田と宮崎も加わり、計16チームとなります。
島根スサノオマジックは山陰地方出身の仲西翔自(なかにししょうじ)選手や曳野康久(ひきのやすひさ)選手らが所属してスタートするほか、
元日本代表監督のジェリコ・パブリセビッチ氏(クロアチア出身)が監督を務めます。
開幕戦は10月16日に埼玉で、ホーム(島根)での開幕戦は同23日に松江市総合体育館で行い、来年4月まで全国で52試合を繰り広げます。
チーム結成の動きは県内有志によって平成19年から始まり、翌年の加入はできなかったものの、体制を強化して再度運動を盛り上げ、今回の参入にこぎつけました。
運営母体となる山陰スポーツネットワークの赤池大介(あかいけだいすけ)社長は「県民が誇りに思えるチームをつくり、全国に島根をPRしていきたい」と話しています。
島根県はかつてバスケット王国として全国にその名をとどろかせていました。
その栄光の歴史が島根スサノオマジックに引き継がれることに県民の期待が高まります。
またブースターと呼ばれるバスケットファンの拡大により、地域全体でチームを支えるという機運の盛り上がりが期待されます。


イメージ

ダンベルで体力強化の写真
ダンベルで体力強化

イメージ

選手を指導するパブリセビッチ監督の写真
選手を指導するパブリセビッチ監督

シューティングの写真
シューティング

ダンスで応援の写真
ダンスで応援

練習も真剣プレーの写真
練習も真剣プレー

○お問い合わせ
山陰スポーツネットワーク
(TEL0852・60・1866)
http://www.susanoo-m.com(外部サイト)

 

 

 

 

Copyright(C)2005ShimanePref.AllRightReserved


お問い合わせ先

広聴広報課

島根県政策企画局広聴広報課
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp