• 背景色 
  • 文字サイズ 

古事記を巡る

日本最古の史書である古事記には、島根県を舞台にした神話が数多く残されています。
平成24年に古事記編纂(へんさん)1300年を迎えることから、
県では今年から「神話のふるさと」をアピールする取り組みを強めることにしました。
これを機会に島根に残る古事記の舞台を訪ねてみませんか。

古事記を巡る
国護りの舞台の稲佐の浜

オロチのすみかといわれる天が淵(左)と鳥上の滝


古事記は和銅5年(712年)に、太安万侶(おおのやすまろ)が筆記してまとめた上・中・下3巻の歴史書で、天地の始まりから推古天皇までの出来事が記されています。
このうち上巻は神話で構成され、約3分の1がスサノオノミコトのヤマタノオロチ退治伝説などの出雲系神話で占められています。
オロチ退治の伝説は中国山地に源を発し、宍道湖に注ぐ県東部の大河・斐伊川の周辺に数多く見られます。
今回のシマネスク表紙を飾る斐伊川は、古代からたびたび氾濫(はんらん)を繰り返す暴れ川として知られ、暴れるオロチそのものと恐れられてきました。
県境に近い奥出雲町にはオロチのすみかといわれる鳥上(とりかみ)の滝やスサノオが救ったクシナダヒメを祀(まつ)る稲田神社、ヒメの両親アシナヅチ、テナヅチの屋敷跡があります。
また雲南市木次町にもオロチのすみかといわれる天が淵(あまがふち)や八頭坂(やとざか)があるほか、アシナヅチらの墓があります。
同市大東町にはクシナダヒメを妻に迎えたスサノオの新居・須我神社が鎮座します。
このほかオロチ退治の強い酒を作った釜の跡やオロチの頭を埋めた目印の杉の木も残っています。
さらに出雲の国づくりを進めたスサノオの子孫オオクニヌシの伝承も古事記に多く記されています。
国譲りを迫られた舞台といわれるのが出雲市大社町の稲佐の浜で、オオクニヌシはその見返りに巨大な出雲大社の造営を求めました。
松江市美保関町の美保神社には国譲り神話にちなむ青柴垣(あおふしがき)神事が伝わっています。
また東出雲町にはイザナギ、イザナミの伝説で知られる黄泉の国の入り口である黄泉比良坂(よもつひらさか)があり、近くにはイザナミを祀った揖夜(いや)神社もあります。

青柴垣神事の写真
青柴垣神事

○お問い合わせ
神話のふるさと「島根」推進協議会事務局
TEL0852・22・5619


イメージ

 

Copyright(C)2005ShimanePref.AllRightReserved


お問い合わせ先

広聴広報課

島根県政策企画局広聴広報課
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp