• 背景色 
  • 文字サイズ 

島根の不思議発見?!

島根の不思議発見ロゴ画像

島根には溶岩トンネルがあるという・・・・・


石段を降りると暗闇にトンネルが広がっている写真
石段を降りると暗闇にトンネルが広がる

 

 

ボタンの島で知られる大根島(松江市八束町)には、約20万年前の火山の噴火でできた珍しい溶岩トンネルがあります。
このうち島の中央部にある竜渓洞(りゅうけいどう)は国指定の天然記念物ですが、一般の人でも事前予約すればガイドと一緒に観察ができます。
溶岩で組み上げられた入り口から12段の石段を降りると、地底にトンネルが約100メートルにわたって広がっています。
入り口右側には神溜(かんだま)りと呼ばれる円形の火口が懐中電灯の明かりに浮かび上がります。
このほか溶岩が流れたり、天井からしたたり落ちたりした痕跡、火山性ガスの抜け穴などが観察できます。
トンネル内は気温15度で年中一定しており、コケに似た地衣類(ちいるい)が繁殖しているほか、目の退化した白いエビの仲間も生息しています。
年間2000人の来訪者のガイド役を務める門脇和也(かどわきかずなり)さんは「とても貴重な自然遺産。
環境を壊さず、後世に伝えていきたい」と話しています。

MAP

 

 

 

神溜りといわれる火口跡 島の中央に位置する竜渓洞入り口 空洞だらけの溶岩 暗闇に生息する目の退化した白いエビ
スポットの写真一覧
神溜りといわれる火口跡 島の中央に位置する竜渓洞入り口 空洞だらけの溶岩 暗闇に生息する目の退化した白いエビ

 

 

 

○お問い合わせ
門脇和也さん
TEL0852・76・2397

 

 

 

 

Copyright(C)2005ShimanePref.AllRightReserved


お問い合わせ先

広聴広報課

島根県政策企画局広聴広報課
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp