• 背景色 
  • 文字サイズ 

I・J・Uターン者インタビューしまね移住人

鮮度にこだわり「真和(しんわ)ブランド」確立


福島充さん
ふくしま・みつる
昭和55年、浜田水産高校を卒業後、大阪の調理師学校を経て中華料理店に就職するが、2年でUターン。
真和漁業生産組合に入り、定置網漁業に従事。
58年から同組合専務。


イメージ

江津市の中心部にほど近い港にある小さな漁業生産組合で、鮮度にこだわった漁業に挑戦する福島充さん。
大阪からUターンして、日本一おいしいと自慢する「真和(しんわ)のアジ」ブランドを確立し、全国にアピールしています。


Uターンのきっかけは?


大阪で料理の道を目指していましたが限界を感じ、結婚も考えていたので、新しい道を求めていました。
ちょうどそのころ、父親たちが設立した真和漁業生産組合が事業拡大をしたので、江津に戻ることにしました。


漁師生活はいかがでしたか?


最初は戸惑うことが多かったですが、だんだん海に出るのが好きになってきました。
次第に魚価アップ策にも目がいくようになり、中央市場の評価を得ようと、
漁を終えたら保冷車を運転して東京や大阪の市場へ出荷しました。
しかし簡単にはいかず、信頼を得るために他産地に負けない品質アップが求められました。


品質アップのやり方は?


定置網から水揚げした魚を船上ですぐ氷水で冷やしたり、生きたまま持ち帰って、1匹ずつ活(い)け締めにしたりして、鮮度保持に気をつけました。
手間暇かかるやり方ですが、10年かけて真和ブランドを確立しました。


若い人が大勢勤めているそうですね?


時代に合った職場環境が大切で、漁業だから朝は早いものの午後3時には仕事を終え、土曜日曜は休み、残業もありません。
稼ぎたいやつは素潜りしてサザエやアワビをとってこい、と言っています。


これからの目標と定住を考える人への助言は?

 

今は小さなアジなどは規格外で食用にされませんが、弁当やレストランメニューに使えるよう、鮮度のアップを図るなど工夫していきたいと思っています。
自分が興味を持ったなら気軽に挑戦すればいい。
食べられなければやめてもいいので、何回も挑戦してやりたいことを見つけてほしいと思います。


組合員総出で定置網を補修している写真
組合員総出で定置網を補修

最新鋭の設備を持つ第28真和丸の写真
最新鋭の設備を持つ第28真和丸


船上での作業は真剣そのものの写真
船上での作業は真剣そのもの


●田舎ごこち発刊

田舎ごこち発刊ロゴ画像島根県農林水産部は担い手不足解消につなげようと、県内にI・Uターンして農林水産業に積極的に取り組む
20−40代10組の声をまとめた「田舎ごこち」(B5判、96ページ)を発刊しました。
県職員自らが取材、執筆を担当し、田舎暮らしの素晴らしさを紹介しています。
県内外の主な書店で発売中。1500円(税込み)。

○問い合わせ
県農林水産部農林水産総務課(TEL0852・22・5322)
福島充さんは「田舎ごこち」にも掲載

 

 

UIターン

島根へUIターンを希望される方のために、下記メニューを中心に、支援しています。

 

【UIターンのための無料職業紹介】
島根へのUIターン就職を希望される方のために、無料職業紹介を行っています。
登録されると、県内企業に就職するためのあっせんを行います。
またUIターン向け求人情報を定期的にお届けします。下記ホームページからも求職登録が可能です。

 

【UIターンのための産業体験】
県外在住者が県内の受入先で一定期間、農林水産業などの産業体験を行う場合に、
滞在に要する経費の一部(月額5万円)を助成します。

 

《ふるさと定住・雇用情報コーナー》
●にほんばし島根館TEL0120-60-2357
●島根県大阪事務所TEL0120-70-2357
●島根県広島事務所TEL082-541-2410


(財)ふるさと島根定住財団<ジョブカフェしまね>
TEL0852・28・0690
http://www.teiju.or.jp(外部サイト)
E-mailshimane@teiju.or.jp

 

 

 

 

Copyright(C)2005ShimanePref.AllRightReserved


お問い合わせ先

広聴広報課

島根県政策企画局広聴広報課
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp