• 背景色 
  • 文字サイズ 

島根桜めぐり

春といえば桜。
桜は日本人の郷愁を誘う大切な花です。
島根県内でも3月末から4月にかけてあちこちで開花の便りが聞かれます。
県内の桜名所や知られざる名木の下での花見を楽しんでみませんか。

桜めぐり

三隅大平桜

桜の名所

桜に誘われて…


名所を東からたどると、シマネスクの今号表紙を飾る安来市の清水寺では約100本のソメイヨシノが咲き誇り、背景の三重塔との伝統美が見どころです。
松江市では松江城山が市民の憩いの場となり、大勢の花見客でにぎわいます。
玉湯川堤のソメイヨシノも夜にはライトアップされ、幻想的な美しさが観光客を魅了します。
雲南市木次町の斐伊川堤防桜並木は、「日本さくら名所百選」に認定された名所で、約2キロ、800本の桜のトンネルが圧巻です。
同じく雲南市三刀屋町の三刀屋川河畔では、全国でも希少な黄緑色の桜「御衣黄(ぎょいこう)」が4月中旬から下旬にかけて満開を迎えます。
飯南町の来島ダム付近では祝原の桜と呼ぶ樹齢約400年のエドヒガンの巨木がどっしりとした姿を見せてくれます。
県西部に移り、江津市に入ると江の川沿いには見事な枝ぶりを見せる樹齢400年の山本家の白枝垂(しだれ)桜があります。
浜田市には国の天然記念物・三隅大平桜(みすみおおびらざくら)が威容を誇ります。
日本で唯一、山桜と彼岸桜の性格を併せ持った桜です。
益田市では雪舟庭園を彩る樹齢450年の医光寺のしだれ桜、同市美都町の入船山城跡に咲く金谷城山桜が有名です。
吉賀町のみろく公園にも樹齢300年、高さ25メートルのしだれ桜があり、高台から町を見守るように咲き誇ります。
海を渡った隠岐の島町には県天然記念物の世間桜(よのなかざくら)があり、白い男桜とピンクの女桜の2本はエドヒガンの一種で、花の咲き具合で豊凶を知らせるといわれています。


桜の名所

Copyright(C)2005ShimanePref.AllRightReserved


お問い合わせ先

広聴広報課

島根県政策企画局広聴広報課
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp