• 背景色 
  • 文字サイズ 

しまね味直行便

しまね味直行便ロゴ画像

十六島(うっぷるい)のり

イメージその1イメージその2

十六島(うっぷるい)のり

 

 

出雲国風土記にも記載されている、出雲市十六島(うっぷるい)町で厳冬期にとれる岩のり「十六島のり」は、
磯の香りが漂う逸品で、出雲地方の正月を飾る雑煮に欠かせません。
十六島のりの旬は12月から1月にかけて。
日本海の荒波が打ち寄せる岩場に張り付いたのりを、地元の女性たちが手で摘み取っていきます。
寒風が吹きすさぶ中、滑りやすい足元や高波に注意しながらの危険と隣り合わせの作業です。
水揚げ量は天候に左右されますが最大でも年間1トン程度で、希少価値の高い産品です。
近年は保存技術の向上で、乾燥したのりや、つくだ煮などの加工品も出回るようになりました。
地元のJFしまね平田支所の渡部浩吉(わたなべひろよし)業務課長は「古くからおいしさが知られている冬の味覚です。
島根に来られたらぜひ味わってほしい」と話しています。

十六島(うっぷるい)のり

 

 

 

お問い合わせ先

JFしまね平田支所
TEL0853・66・1106

 

マップ

 

 

Copyright(C)2005ShimanePref.AllRightReserved


お問い合わせ先

広聴広報課

島根県政策企画局広聴広報課
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp