• 背景色 
  • 文字サイズ 

特集子どもたちの田舎暮らし

自然とぬくもりあふれる山村留学

 

シンボルの三瓶山をバックに元気よくジャンプする写真
シンボルの三瓶山をバックに元気よくジャンプ

 

田舎暮らしを楽しむ子どもたち


島根の豊かな自然にいだかれ、地域の人と触れ合い、仲間たちと集団生活を送りながら小、中学校に通う都会の子どもたち。
大田市の三瓶山ろくで山村留学制度を利用して田舎暮らしを楽しむ子どもたちは元気いっぱいで瞳はキラキラ輝いています。

今年で6年目を迎えたこの制度は、木々に囲まれた山村留学センターを拠点に、地域の農家での民泊も加えて
1年間暮らしながら生きる力をはぐくみます。
現在、関東から九州までの小学5年生から中学3年生まで男女14人が共同生活を送っています。
子どもたちの生活は朝6時に起床し、部屋の掃除、ラジオ体操を行い、朝食を食べたら約2キロ離れた北三瓶小、中学校に歩いて通学します。
授業が終わるとセンターに戻り、入浴や洗濯を行い、夕食後の自由時間を経て、小学生は夜9時、中学生は10時消灯という
テレビも見ない規則正しい1日を送ります
土曜や日曜は農作業やキャンプ、海水浴やそば打ちなど、さまざまな体験活動を繰り広げます。
いずれも豊かな自然をフィールドにした活動だけに、子どもたちは都会では得られない充実感を味わいます。

イメージ

 

 

キノコを手にしている写真
キノコを手にこんなおふざけも

 

 

 

イメージその1

 

 

イメージその2

 

 

イメージその3

 

 

静かな田舎道足取り軽く元気に通学の写真
静かな田舎道足取り軽く元気に通学


○お問い合わせ

 

 

大田市山村留学センター
(TEL0854・86・0700)
マップ

 

自然と歴史を肌で感じる四季折々の体験

 

大阪から初めてやって来た中学1年の岩元美月(いわもとみづき)さんは「小学5年生の時に短期留学を体験したとき、
次の年には長期留学で来たいと思ったけど、1年待って中学生になってから家の許可がでた。
思ったよりハードだけど毎日が楽しい」と、念願かなってうれしそう。
三重県から来た小学5年の松島宗一郎(まつしまそういちろう)君は「お姉さんの体験と短期留学がきっかけで、
初めて長期留学に挑戦した。寂しくなんかないよ」と楽しさいっぱい。
基本は1年ですが、センターでの生活が気に入って翌年も継続する子どもも数多くいます。
京都から来た中学3年の浅平泰地(あさひらたいち)君は3年目を迎え「一人っ子なので、仲間は友達というより兄弟みたい。
卒業しても残りたいくらい気に入っている」と自然の中での生活を満喫しています。
子どもたちと一緒に寝泊まりしながら生活する指導員は「前向きにとけ込めるか最初の1カ月が大事。
でも一緒に暮らす子どもや地域の人たちが受け入れてくれるので、心配はしていない」と優しく見守っています。
渡辺正昭(わたなべまさあき)センター長は「山村留学を通じて大田や島根の魅力を知り、新たな力も身につけてほしい。
豊かな自然と歴史の中で、今とは違う学校と日常の生活をしてみませんか」と、全国からの参加者を募っています。

 

 

イメージ写真
1.2.バケツを手に近くの酪農家に行き、牛乳をもらう。
3.4.みんなで一緒に朝食、後片付けも手伝う
5.収穫祭の踊りの練習
6.テレビを見ないで新聞で情報収集
7.子牛にミルクを与え、えさやり体験
8.くわを手にみんなで田起こし作業
9.収穫した稲をはで干し
10.真剣な表情でそば打ち体験
11.日本海でサザエをゲット
12.センター裏山でソロキャンプ

 

小学生たちが島根で田舎体験


邑智郡
お寺で座禅を体験する小学生たちの写真
お寺で座禅を体験する小学生たち

隠岐島前
スルメ作りに挑戦する小学生たちの写真
スルメ作りに挑戦する小学生たち

大田市の山村留学制度のほか、県内では小学生を対象にしたさまざまな田舎体験の取り組みがあります。
邑南、美郷、川本の邑智郡内3町が連携して今年初めて取り組んだ体験イベントには、広島県と県内の2つの小学校が参加しました。
石見神楽や座禅、竹細工、カヌー体験など盛りだくさんなメニューの中から、希望にあわせて選べるようになっています。
宿泊も農家での民泊なので、地域の人たちと交流も深まり、手紙のやりとりなど終了後も交流が続いているところもあります。
また隠岐島の西ノ島、海士、知夫の3町村でも小学生を受け入れています。
魚釣り、スルメ作りなど海を中心にした体験活動が3、4泊の期間で繰り広げられます。
今年は県内外から6校が訪れ、隠岐の魅力を満喫して帰りました。

○お問い合わせ

 

邑智郡田舎体験交流協議会
(TEL0855・95・2565)
隠岐島前子育て島協議会
(TEL08514・7・8777)

 

 

一緒に学ぼう!
島根県内の離島・中山間地域で高校生活を過ごしてみませんか

 

県内の離島・中山間地域の横田、島根中央、矢上、浜田水産、津和野、隠岐、隠岐島前、隠岐水産の8高校では、
県外からの入学生を積極的に受け入れることにしました。
豊かな自然に囲まれ、都会では経験できない高校生活を送ることができます。
詳しくは、教育庁高校教育課のホームページか、各高校にお問い合わせください。

https://www.pref.shimane.lg.jp/kokokyoiku/

 

 

 

Copyright(C)2005ShimanePref.AllRightReserved


お問い合わせ先

広聴広報課

島根県政策企画局広聴広報課
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp