• 背景色 
  • 文字サイズ 

島根の不思議発見?!

島根の不思議発見ロゴ画像

島根では縄文時代の巨木が見られるという

世界でも珍しい3500年以上も前の縄文時代の大きな杉などを見ることができます。

イメージ

島根県の中央部に位置する大田市の三瓶山(さんべさん)ふもとにある三瓶小豆(あずきはら)原埋没林公園。
世界でも珍しい3500年以上も前の縄文時代の大きな杉などを見ることができます。

縄文時代当時の山ろくには、高さ約50メートルもの巨木の森が広がっていました。
ところが三瓶山の噴火によって、土石流や火砕流が森の広がる谷に流れ込み、巨木を奇跡的に立ったまま埋めてしまいました。

1998年の発掘調査によって地下に残る巨木が確認され、縄文の森が現代に甦(よみがえ)りました。
幹の上部は失われているものの、大きなものは高さ約12メートル、直径2.5メートルもあり、見る人を驚かせます。
樹皮が生々しく残り、材には当時の香りも残っています。

2003年に巨木を保存展示する公園がオープンし、国の天然記念物に指定されました。

 

レンゲツツジ オキナグサ 浮布池から男三瓶、子三瓶を望む
三瓶小豆(あずきはら)原埋没林公園の写真一覧
レンゲツツジ オキナグサ 浮布池から男三瓶、子三瓶を望む

 

 

三瓶小豆原埋没林公園マップ

 

【三瓶小豆原埋没林公園】
観覧料/大人300円、小中高校生100円
休園日/毎週火曜
TEL0854・86・9500

 

 

 

Copyright(C)2005ShimanePref.AllRightReserved


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp