• 背景色 
  • 文字サイズ 

酒の神をも酔わせる島根の酒

酒の神をも酔わせる島根の酒イメージ画像

地、空、水の恵みを存分に生かす

おいしい酒造りに欠かせないのが原料の水と米と、杜氏(とうじ)と呼ばれる優秀な技術者の存在です。
島根にはこの三つの条件がそろっているほか、仕込みを左右する冬の寒さもあります。

きれいな空気、緑あふれる山々が広がる豊かな自然環境から生み出される命の水。
中国山地の広葉樹林に降り注いだ雨が、風化した花崗岩を通り抜けるうちに自然のミネラル分を含み、日本酒に最適な水となります。

豊かな自然環境は酒造好適米(酒米)の栽培にも適し、県内で生産する日本酒の原料をほとんど賄います。
また佐香錦、神の舞という県が開発した酒米もあり、独自ブランドの製品として売り出されています。

また、出雲杜氏、石見杜氏と呼ばれる優秀な酒造りの技術者が古くから存在し、
県内だけでなく、中国地方の酒蔵に出掛けておいしい酒造りを指導しています。


イメージ1イメージ2イメージ3
蒸した酒米と麹を混ぜ、タンク内の様子を確かめ、袋に詰めて重ね、おいしい島根の酒を搾り出す

旨さ、キレの良さ、芳醇な美しい酒

出雲市内の酒造会社で指揮をとる杜氏の長崎芳久さんは「何杯でも飲めるようなのど越しのいい酒を造りたい」と語りながら、昨年秋から蔵入り。
正月休みもない忙しい日を送ってきました。
「島根産の佐香錦は酒米の代表格と言われる山田錦と比べても変わらないいい米で、それで造った酒は当然おいしい」と胸を張ります。

 

島根の地酒をにぎわす会を定期的に開き、日本酒学講師の資格を持つ三谷尊文さんは「島根の酒は地元の食材すべてに合う、ふくよかでキレのいい味わい。酒造りも技術革新が進み、世代交代もうまくいっているので、10年前と比べて格段にうまくなっている」と、多くの人においしさをアピールしています。
 

酒の比重を調べる杜氏の長崎芳久さんの写真

酒の比重を調べる杜氏の長崎芳久さん

 

●お問い合わせ
県酒造組合
(TEL0852・26・5595)


イメージ4佐香錦

 

Copyright(C)2005ShimanePref.AllRightReserved


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp