• 背景色 
  • 文字サイズ 

島根県立美術館10周年大人の散歩道島根県立美術館

島根県立美術館

 

イメージ

ちょっぴり贅沢大人のデート
休日の春日和の午後、出かけてみませんか?
「美」と「安らぎ」と「おいしい」時間を全部堪能できる場所。
島根県立美術館は大人のデートにぴったりの上質空間です。

 

イメージ

PM4:00おいしいコーヒーと絵画の豊かな時
館内をひと回りした後はカフェにて、それぞれに感想を語り合う。同じ絵に心ときめかせたり、意外な感想があったり。

 

イメージ

PM5:00夕日が嫁ケ島の向こうにしずむ
日差しが宍道湖畔に長い光の橋を作っている。春のおとずれを感じる。
日差しに誘われるように、屋外へ。庭のウサギをなでると恋が叶うとか。
夕暮れまでしばらく風に吹かれながら、湖畔を散策してみる。
イメージ

PM6:00たそがれが辺りをつつむ頃
藤色の夕暮れ時、レストランベッキオロッソへ。
ちょっと奮発したワインで気分はフランス貴族。それともイタリアの貴公子?
おいしい時間とはこんなひとときを言うのかもしれない。

 

 

 

ゆとりの空間と静かなひととき・・・至福の宍道湖畔

松江市の宍道湖畔に建つ島根県立美術館は、水との調和をテーマにした美術館で、今年3月に開館10周年を迎えました。宍道湖
に沈む美しい夕日が観賞できるスポットとして、県民や、観光客から親しまれています。

美術館の入り口をくぐると、無料開放されたエントランスロビーが広がり、ゆったりとした気分にさせてくれます。
ガラス張りの壁面の向こうには宍道湖が迫り、美しい夕日が眼前に展開します。

展示室は1、2階合わせて6室。
水にちなんだ絵画、版画、工芸、写真、彫刻、島根の美術を中心に収集したコレクション作品を展示しているほか、年間6、7回の企画展を繰り広げています。
さらに県民に開放したギャラリーやホールもあり、さまざまな美術愛好グループが活用しています。

また、屋外には島根県出身の彫刻家・澄川喜一さんの「風門」など8つの作品が設置され、湖岸を散歩する人たちを楽しませています。

このほか、館内にはレストラン、ミュージアムショップもあります。


収蔵作品

歴史の中に新しさを創造していく・・・

利用客も順調に推移し、昨年秋に開館以来の入館者が300万人を突破しました。
さらにサービスを向上しようと、スタッフ全員がコンシェルジュ(案内人)として館内はもちろん観光の案内など、さまざまな問い合わせに対応しています。
その一人宇田川紋さんは「質問しやすい雰囲気をつくりながら、島根が好きになってもらえるような応対を心掛けています」と話します。
また年間パスポートを持つメンバーの中から口コミPR隊を結成。
隊員の石子美重子さんは「東京や海外に行かなくても名品が鑑賞できる場所なので、身近な人に魅力を伝えたい」と来館を呼び掛けています。

 

にこやかな応対が気持ちよい美術館コンシェルジュの写真にこやかな応対が気持ちよい
美術館コンシェルジュ

 

 

 

 

 

 

 

 

籔内佐斗司「宍道湖うさぎ」の写真

籔内佐斗司「宍道湖うさぎ」
前から2番目のうさぎを触ると
幸せが訪れるといううわさで大人気!

 

 

 

 

 

 

【お問い合わせ】

〒690-0049
松江市袖師町1-5
TEL0852・55・4700
FAX0852・55・4714
http://www1.pref.shimane.lg.jp/contents/sam/(外部サイト)
e-mailsam@pref.shimane.lg.jp

 

 

 


インフォメーション

 

トップページに戻る

Copyright(C)2005ShimanePref.AllRightReserved


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp