• 背景色 
  • 文字サイズ 

島根は名作の舞台-「砂時計」の舞台を訪ねて

島根は名作の舞台

鳴り砂で有名な琴ケ浜(大田市仁摩町)
海岸を歩くと「キュッキュッ」と音がする「鳴り砂」の浜として知られています。
石英の多く含まれた砂がこすれあって音を発します。
漫画「砂時計」では杏と大悟も訪れました。

「砂時計」「島根の弁護士」「天然コケッコー」「白い船」「うん、何?」「蔵人クロード」…。
近年、島根県を主な舞台にした映画、漫画、テレビドラマが話題を呼んでいます。
北海道でも宮崎でも鳥取でもなく、なぜ、島根なのでしょう。作者や映画監督の多くは、こう答えています。
「古きよき時代の日本人の心、かつてはどこにでもあった風景が残っているから」。
「島根」という土地が主役でもあるのです。
名作を通して島根のよさに触れてみませんか。

 

懐かしいような、切なくなるような、情景に出会う。

私が初めて島根を訪れたのは、5年前の2月です。
目的地の「仁摩サンドミュージアム」を訪れた後、さらにバスに乗り、山間部へ。
高く連なる緑色濃い山々に、真っ白な雪がしんしん降り積もる、その音が
聞こえそうなくらいの深い深い「静けさ」の中に身を置くうちに、
頭の芯がクリアになるような、五感が研ぎ澄まされるような、そんな感覚を覚えました。
出雲大社、琴ケ浜、古い駅舎や雪に埋もれた小さな神社、海に沈む夕日、遠くの人影・・・。
懐かしいような切なくなるような、島根を訪れるたび、そんな情景に多々出会います。
真っすぐで、素直な気持ちが思わず露呈してしまう・・・私にとって、島根はそういう場所です。
MAP

芦原妃名子氏作の漫画「砂時計」は「ベツコミ」(小学館)で、平成15年から18年にかけて連載。
話の要所に大田市の仁摩サンドミュージアムが描かれており、ストーリーの原点となっています。
テレビドラマはTBS系「愛の劇場」枠で昨年放映。
杏の大人時代役は女優の佐藤めぐみさんが演じました。
映画は4月26日から全国東宝系で上映。杏の大人時代は松下奈緒さん、中高生時代は夏帆さんです

砂時計イメージ2砂時計イメージ1
芦原妃名子/小学館ベツコミフラワーコミックス

Profile芦原妃名子(あしはらひなこ)
漫画家。
代表作「砂時計」「月と湖」「蝶々雲」。
平成17年に「砂時計」で「第50回(平成16年度)小学館漫画賞少女向け部門」を受賞

「砂時計」の舞台を巡る旅に出よう。あなた自身が物語の主人公になる旅。

島根県西部の石見地方に残る農村風景。
島根と東京を舞台に、杏と大悟の初恋の行方を描いた漫画「砂時計」。
現在、過去、未来、そして春夏秋冬を行き来しながら、
丁寧に2人の心の動きが描写され、原作コミックは700万部以上売り上げた大人気作です。
テレビドラマ化され、全60回放映。


映画は今春、全国で上映されました。
仁摩サンドミュージアム(大田市仁摩町)、琴ケ浜(同)など、
登場するスポットを訪ねる若者らが絶えません。
訪れた人は物語の世界に入り込み、何を感じたのでしょうか。

 

 

鮮やかな緑が心を洗い、ふるさとの懐かしさや温かさを感じさせてくれます
島根県西部の石見地方に残る農村風景。
鮮やかな緑が心を洗い、ふるさとの懐かしさや温かさを感じさせてくれます


「島根のおかげで最高の思い出ができました♪♪
出雲大社、石見銀山、日御碕そしてサンドミュージアム!!行ってきました♪人の優しさにもふれました◇」
「東京から来ました。初の一人旅は絶対島根!!と決めてきました。すっごく遠い…けどそんなのふっとぶぐらいの感動でした」
「大悟★杏みたいに幸せになります」
「砂時計とてもスゴイ!1年の重みを知ることができました。1年頑張ってみます」
「琴ケ浜の鳴き砂を踏みしめて(おっとその前に)出雲大社にお参りしてやってきました。
ドラマ砂時計杏と大悟を追って旅行に来ました」

「砂時計」で主人公・杏が母親と訪れ、砂時計を買ったシーンとして登場する「仁摩サンドミュージアム」。
物語の原点といえる同館には、全国から多くの人が訪れ、一日4000人を数えたこともあります。
平成3年のオープン以来、「観想」と名付けられた書き込み帳が備えられており、
若い女性やカップルがさまざまな思いをつづっています。
作品の舞台に立った感動を書き込んだ大学生、自分たちの恋愛の行く末を作品の登場人物に重ねる女性…。
風景、食べ物、人情など知らなかった島根のよさを記した「賛歌」があふれています。
同館によると、石見銀山遺跡、出雲大社、松江と、物語の舞台を巡る観光客が増えているということです。
今年6月、梅雨の合間の晴天となった日の昼前。琴ケ浜。広島から来たという1組のカップルが、はだしで散歩していました。
「歩くと本当に音がする」「海がきれい。癒やしだね」。こう話しながらはしゃぐ2人の姿は琴ケ浜の風景に溶け込んでいました。

 

琴ヶ浜全景
琴ヶ浜全景=大田市仁摩町

ドラマで「江田駅」として登場するJR山陰線・波根(はね)駅

ドラマで「江田駅」として登場するJR山陰線・波根(はね)駅=大田市波根町

カップルらに人気がある八重垣神社の「縁結び占い」

カップルらに人気がある八重垣神社の「縁結び占い」=松江市佐草町

原作ストーリーの原点・仁摩サンドミュージアムの砂時計

原作ストーリーの原点・仁摩サンドミュージアムの砂時計=大田市仁摩町

Copyright(C)2005ShimanePref.AllRightReserved


お問い合わせ先

広聴広報課

島根県政策企画局広聴広報課
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp