• 背景色 
  • 文字サイズ 

田舎ツーリズム

体験田舎ツーリズム・邑南町田舎暮らし&民泊体験

 

 

 

 

広島県境に接する山間の町、スキー場や温泉、数々の名勝や天然記念物など豊かな自然が残る邑南町で、自然と共に楽しく生きる暮らしを満喫。緑豊かな大自然の中で、土地の風土に育まれた飾らず温かな人柄にふれ、あっという間に過ぎていった2日間でした。

 

大地の恵みに感謝!愛情いっぱいに育った野菜たちは形も味わいも一級品です。

邑南町田舎ツーリズム推進研究会

豊かな自然を擁する邑南町では、宿泊・体験施設、料理研究会など15団体が「田舎ツーリズム」をキーワードに研究会を結成。食事やお客様への接し方などについて《邑南町の田舎ツーリズム》としてのゆるやかなルールを設けながら、地域の素材をどうしたら楽しんでいただけるかを検討。互いに無理せず、ゆっくりと田舎を満喫してもらえる方法を話し合うなど、より楽しんでいただける田舎ツーリズムをめざしている。

温かなふれあいと、幸せどっさり料理に笑顔

築100年の古民家で、田舎暮らしを満喫

田舎ツーリズム・邑南町の写真

 

 山肌に石垣造りの棚田が見えたかと思うと、車は急な山道を一気に登りつめ、「羽須美(はすみ)クラシック宿泊所」の看板を掲げる古民家に到着。庭先でご主人の日高静加さんが出迎えてくれました。玄関をくぐると漆黒の梁(はり)に土間、回り縁、囲炉裏(いろり)...。昔の農家の暮らしぶりが眼に浮かぶようです。

 日高さんが家の前の畑に行かれると聞いて、私も長靴に軍手姿で同行。雨の中、ぬかるみと格闘しながら大根を抜いてお手伝い。湧き水で泥を洗い流すと、白肌の大根とご対面。鍋の中での再会"が待ちきれません!

 炭火の上で、グツグツとイノシシ鍋が食べごろを伝えると、程なくヤマメの塩焼き、山菜の天ぷら...などが運ばれてきました。賄い役の種(たね)真理子さんに料理のコツなどを伺いながら、山里のごちそうに舌鼓。料理を置く箱膳やパンフレットなどは日高さんの手作り!そのバイタリティに脱帽です。帰り際には採れたて野菜をいただきました。

 深い緑と澄んだ空気の中、日ごろの疲れも吹き飛び、気分は上々です。

 

 

 

羽須美(はすみ)クラシック宿泊所 農家民宿「日高」Villa季節風

(左)自然の中でのんびり過ごせる「羽須美(はすみ)クラシック宿泊所」

(中)農家民宿「日高」のご夫妻、和菓子屋のご主人たちと

(右)農家レストラン「Villa季節風」の稲垣葉子さんと、時を忘れての談笑

 

温かな心使いに感謝

 

 この日の宿は、農家民宿「日高」。「邑南町田舎ツーリズム推進研究会」の会長を務める日高幸二さんの計らいで、夕食は民宿を営むお母さんたちや和菓子屋のご主人など、会員さんを交えた交流会に。すぐに意気投合し、語らいは深夜に及びました。近く、3名の方が民泊を始められるとのこと。町を愛する気持ちはつながるんですね。

 

炭火で焼いた鮎の塩焼きに舌鼓 

コトコトと煮込んだ「肉汁」は滋味あふれるおいしさ

 囲炉裏での食事

 

 

 

炭火を眺めながら、囲炉裏(いろり)を囲んでの食卓は心が和みます

 

 

 

 

 

 

呉(ご)大豆とキノコ類を和えた「呉あえ」 具の上にご飯をかぶせた「苞飯(ほうはん)」は郷土料理の一つ日高幸二さん夕食に使うネギを一緒に収穫した農家民宿「日高」の日高幸二さん

 

 

愛情いっぱいの逸品に、お腹も心も満腹

 

 出羽(いずわ)地区では、かつて牛馬市で食べられていた「肉汁」作りに挑戦。「ふるさとの味研究会」の富永睦恵さんに倣い、水溶きそば粉を均一の大きさに。...したつもりが、鍋には不揃いなそば団子が浮かんでいました。

 ともあれ、調理は無事に終了。食卓には「呉(ご)あえ」「苞飯(ほうはん)」の郷土料理も並び、食にまつわる出羽地区の歴史を聞きながら、愛情いっぱいの逸品にお腹も心も満腹になったのでした。

 邑南町で出会ったのは、町が好きで気さくな人たちばかり。田舎ならではのお付き合い、おもてなしの心で、すんなりと私を受け入れて下さった皆さんに、お金に換えられない思い出と元気をもらったのでした。(ルポ・石橋留美子)

 

カブの酢の物にユズの皮を入れて、風味豊かに山の幸を天ぷらでいただきましたドライフラワー工房むらびリース作りが体験できる「ドライフラワー工房むらび」

「呉(ご)大豆」和えをお手伝い慣れない手つきで「呉(ご)大豆」和えをお手伝い

 

 

地図画像

【アクセス】

●浜田自動車道瑞穂I.C→邑南町

 

【お問い合わせ先】

■邑南町田舎ツーリズム推進研究会

[事務局]邑南町役場産業振興課商工観光室内

〒696-0192島根県邑智郡邑南町矢上6000

TEL0855-95-25658:30〜17:00(土・日・祝祭日を除く)

 

 

「しまね田舎ツーリズム推進事業」

 都会から見れば、島根県全体が「田舎」といってもいいでしょう。そこで「田舎」のすばらしい自然や歴史、風土、人情にふれ、癒しの時間を過ごす新しい旅の形として、「しまね田舎ツーリズム」を提案しています。

 農林漁業体験や自然体験、地域伝統芸能体験、町並みウォークなどを通して、都市の皆さんと交流していきたいと考えています。農山漁村民泊ととともに既存の宿泊施設との連携を図りながら、滞在型のツーリズムを進めています。

 また「しまねの田舎」が大好きな方を対象に、「しまね田舎ツーリズム応援団」の制度も設けています。田舎ツーリズム情報を定期的に受取り、提言やご意見をいただく制度です。

 

【お問い合わせ先】

しまね田舎ツーリズム推進協議会(島根県地域政策課)

TEL:0852-22-5068FAX:0852-22-6042

HP:https://www.pref.shimane.lg.jp/chiikiseisaku/inaka/

 

Copyright(C)2005ShimanePref.AllRightReserved


お問い合わせ先

広聴広報課

島根県政策企画局広聴広報課
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp