• 背景色 
  • 文字サイズ 



若手職員政策検討グループが最終報告を行いました

◇12月20日(金)県庁知事会議室

報告会の様子食育の推進検討グループのみなさん

 〔写真〕報告会の様子 〔写真〕食育の推進検討グループのみなさん

 

 知事が決定した政策課題について、若手職員が検討・提案を行う「若手職員の政策提案制度」により設置した「食育の推進検討グループ」の最終報告書がまとまり、知事に報告をしました。約5ヶ月にわたり、県内外の先進的な企業や団体など、15団体と意見交換しながら検討を重ねました。

 報告書は「「つなぐ」食育をめざして」と題し、「連携の創出」、「人材の育成と活用」「広報・啓発の一元化」の3つを政策の方向性として位置づけ、交流会の開催や食育応援団制度の導入、総合サイトの設立など8事業の具体案が提案されました。

 グループのリーダーを務めた秘書課の陶山崇主任は「県として、これから「食育」という分野にどのように関わっていくか議論が必要だと感じました」と話しました。

 報告を受けた知事は、「食育というと非常に範囲が広く、県だけでなく、いろいろな方と一緒になって進めていくことが大切ですね。難しかったと思いますが、非常に緻密に議論されたことがわかります」と内容を評価しました。






お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp