• 背景色 
  • 文字サイズ 



■サッカー世界選手権大会に出場した島根県選手が知事に結果報告

◇10月1日(金)県庁知事室

選手から試合のようすを伺う知事選手のみなさんと一緒に記念撮影

 

 第5回INAS−FIDサッカー世界選手権2010南アフリカ大会に出場した島根県の4人の選手と監督が、知事室を訪問され、今年8月23日から9月11日まで南アフリカ共和国のポロクワネ市で開催された大会での試合結果を知事に報告されました。
この大会は、国際知的障害者スポーツ連盟が主催し、FIFAワールドカップの開催年に同じ開催国で行われる「もうひとつのワールドカップ」。日本代表選手20名のうち、島根県から4名の選手が選出され、このうち、出雲養護学校出身の高野孝一(こうのこういち)選手は、トルコ戦で2得点、韓国戦でハットトリック(1試合3得点)を決めるなど、めざましい活躍をみせました。
日本代表の最終順位は、11カ国中の10位でしたが、4人の選手からは、4年後のブラジル大会をめざす力強い決意が聞かれました。
知事は、「たいへん良い経験をされたと思います。この経験をこれからの仕事の面にもぜひ生かしください」と述べました。






お問い合わせ先

広聴広報課

島根県政策企画局広聴広報課
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp