• 背景色 
  • 文字サイズ 
前月2019年1月次月
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829303112

ページ一覧

1月11日のトピックス(石見日東株式会社)

石見日東株式会社と立地に関する覚書を締結しました

【県庁301会議室】

小松慎一郎代表取締役

〔写真〕小松慎一郎代表取締役

 

 石見日東株式会社、島根県、大田市の三者で工場等の立地に関する覚書を締結しました。

同社は、昭和58年にエンジン用鋳物部品の生産工場として大田市内で設立され、平成3年には日東工業株式会社の関連会社となり、「石見日東株式会社」として事業を行われています。

今回の計画は、ディーゼルエンジン用部品の受注が拡大していることから、新たな工場棟と生産設備の増設により生産能力を増強されるものです。

石見日東株式会社の小松慎一郎代表取締役は「今後も従業員を増やし、少しでも県、市に貢献したい」と抱負を述べられ、知事は「地元大田市とともに、できる限りの支援を行います」と述べました。


2019年1月11日

1月4日のトピックス(仕事始式)

平成31年仕事始式

【県庁講堂】

あいさつする知事

〔写真〕あいさつする知事

 

 新年を迎え、県庁の仕事始式を行いました。

知事はあいさつで「2019年は、来年に迫った東京オリンピックなどを見据え、国内外の人々に来てもらえるように島根の魅力を一層ブラッシュアップする年。そのためにも、『島根県総合戦略』を着実に推進していくことが我々に課せられた任務です」と述べ「県民にとって良い年となるよう、県庁一丸となって、全力をあげてまいりましょう」と職員に語りました。


2019年1月4日

12月28日のトピックス(仕事納式)

平成30年仕事納式

【県庁講堂】

知事あいさつ

〔写真〕知事あいさつ

 

 

 県庁の仕事納め式を行いました。

知事はあいさつで、災害が多い一年であったことや、一方で、スポーツ面で若者の活躍、観光面で静岡線・仙台線の新たな就航、観光列車「あめつち」の運行開始といった島根を訪れていただく取り組みが進んだことなど、明るい話題もあったと今年を振り返りました。

また、「来年が県民のみなさんにとって明るく活気のある一年になるよう、一丸となって頑張りましょう」と職員に呼びかけました。

 

防災対策本部会議を開催しました

【県庁防災センター】

危機管理体制の確認を指示

〔写真〕危機管理体制の確認を指示する知事


知事、副知事、各部局長が連休中の危機管理等について情報共有を行いました。

会議では、年末年始の天候の見通し、県民等への情報提供、土木施設の安全管理や観光地の混雑対策等について確認。

知事は、関係機関との連携、連絡体制の確認、緊急時の速やかな対応について指示しました。

 


2018年12月28日

12月25日のトピックス(島根県青少年芸術文化表彰ほか)

「島根県青少年芸術文化表彰」表彰式

【知事室】

高梨はなさん

〔写真〕高梨はなさん

 

 芸術文化の分野における全国大会等で優秀な成績を収めた、隠岐の島町立西郷中学校1年の高梨はなさんを表彰しました。

高梨さんは、第40回少年の主張全国大会で文部科学大臣賞を受賞。大会では、韓国人の父親と日本人の母を持つ自身の経験から考えたことなどをもとに「ハーフではなく、ダブルの生き方を目指したい」と主張しました。

知事は「受賞おめでとうございます。いろいろな分野に関心を広げ、これからも頑張ってください」と話しました。

協栄金属工業株式会社と立地に関する覚書を締結しました

【県庁301会議室】

小山久紀代表取締役社長

〔写真〕小山久紀代表取締役社長

 

 

 協栄金属工業株式会社、島根県、雲南市の三者で工場等の立地に関する覚書を締結しました。

 同社は昭和47年2月に雲南市内で設立され、厨房機器部品、農業機械部品、医療機械部品、介護機器部品、自動車部品など5,000種類を超える金属部品の製造を行い、業績を拡大してこられました。

今回の計画は、厨房機器部品、農業機械部品を中心に、材料調達から設計、加工、組立まで多工程にわたる一括生産の受注が増加していることから、生産設備を増設されるものです。

協栄金属工業株式会社の小山久紀代表取締役社長は「地域と共に成長し発展していく企業を目指します」と抱負を述べられ、知事は「地元雲南市とともに、できる限りの支援を行います」と述べました。


2018年12月25日

12月21日のトピックス(御下賜金伝達式ほか)

優良民間社会福祉事業施設等の天皇誕生日に際しての御下賜金伝達式

【知事室】

伝達式のようす

〔写真〕伝達式のようす

あおぞら福祉会のみなさん

〔写真〕社会福祉法人あおぞら福祉会のみなさん

 

 県内の社会福祉事業施設・団体に、天皇陛下から金一封が御下賜されました。

これは、社会福祉事業御奨励のため、毎年、12月23日の天皇誕生日に際して行われているもので、今年は雲南市の社会福祉福祉法人あおぞら福祉会が対象となりました。

同法人は、平成23月に社会福祉法人として設立し、同年あおぞら保育園を開所。以降、学童クラブ、障がい者グループホーム、高齢者デイサービスセンターなどの運営のほか、障害者の就労や自立支援を目的にワイン用のブドウ栽培や茶の加工などの農福連携にも取り組まれ、地域福祉の推進に貢献されています。

 

西南セラミックス株式会社と立地に関する覚書を締結しました

【県庁301会議室】

長嶺正雄代表取締役

〔写真〕長嶺正雄代表取締役

 

 

 西南セラミックス株式会社、島根県、益田市の三者で工場等の立地に関する覚書を締結しました。

同社は、平成 30 2 月に大手自動車メーカーに検査用精密測定器である ゲージを納入している東海挾範(とうかいきょうはん)株式会社のグループ企業として、益田市内で設立されました。

今回の計画は、グループ企業が製造する半導体の部品加工の受注が増加していること、及び一部を外注で対応しているゲージの部品加工を内製化するために、益田市内の空き工場を購入・改修し、同社で生産を行われるものです。

知事は「今後益田市の中核的企業として成長されることを期待しています」と述べました。


2018年12月21日



お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp