• 背景色 
  • 文字サイズ 

マタタビの葉

令和 2 6 29 ( ) 晴れ

 

この時期、

山の緑も濃くなり、ただ眺めるだけでも心が和みます。

 

深緑の中に白い花が咲いているのをみかけ、

緑と白のコントラストがきれいだな~と思っていました。

 

(写真)マタタビ

 

ところが、

ずっと花だと思っていたのは、近くでよくよくみると、

真っ白な葉の植物でした。

 

マタタビです。

 

え!!病気?葉やけ??

と思いましたが、これも間違い。  

 

葉の表面に空気が入って白くなるのだそうです。

しばらくもむと空気が抜けて、あら不思議!緑色の葉に戻ります。

(写真)マタタビの葉

 

緑色になるまでに1分くらいでしたが、久しぶりに夢中になりました。

目だけでなく、直接手で触れて自然を楽しむのもいいものです。

 

葉が白くなるのは6月~7月の花が咲く頃で、花が終わると葉は緑に戻るそうです。

 

 

***企画振興スタッフ***


お問い合わせ先

中山間地域研究センター

島根県中山間地域研究センター
〒690-3405 島根県飯石郡飯南町上来島1207
TEL:0854-76-2025 FAX:0854-76-3758
Mail:chusankan@pref.shimane.lg.jp