• 背景色 
  • 文字サイズ 

共同研究・受託研究[地域研究部門]

 中山間地域研究センターでは、様々な主体と共同で、地域や各種組織・住民の暮らしの課題解決に向けた調査分析ツール、仕組み、実施体制モデルの開発、そして、実証プロジェクトを展開しています。

 

現在実施中の研究

¨

「若者定住要因調査」

 島根県・鳥取県の中山間地域では、近年、若者の転入の増加傾向がみられます。
県内のどういった地域への転出入がみられるのか、中山間地域へ居住を決めた理由や若者が今後も暮らし続けるために必要な条件整備は何かを把握するために調査を実施しました。

 

主な調査項目は次のとおりです。

  1. 人口動態分析
  2. 転出入理由の分析
  3. 転入者の属性、居住地を決めた理由、生活満足度、子どもの頃の地域との関わりの有無の把握
  4. 高校生世代の卒業後の進路、ふるさとへの意識

 

 調査結果については、2020年1月末に成果報告会を実施しました。

 *報告会の資料はこちらから「若者世代に選ばれ、若者世代が住み続け、次世代環流が生じる中山間地域づくりを目指して」(PDF)

 *成果報告会の様子はこちらから

 

 調査結果を整理した報告書はR2年度5月に公開予定です。

 

 

キーワード:若者の人口移動・UIターン・定住

研究期:2019年4月〜2020年3月

共同相:鳥取県(島根県内5町村でも調査を実施しています。)

 

 

「邑南町日本一の子育て村構想検証共同研究」

 若者や子育て世代の定住、少子化対策、いま中山間地域で育っている子ども達の将来の居住地選択や中山間地域との関わり方は、今後の中山間地域が暮らしの場としてあり続けるために取り組んでいくべき重要な事項となっています。

以上の事柄を踏まえ、「日本一の子育て村構想」を掲げ、総合的に定住、子育て支援に取り組み効果を挙げている邑南町と島根県中山間地域センターは、2019〜2020年度(2か年)で日本一の子育て村構想の検証に向けた共同研究を実施しています。

 

主な共同研究項目は次の通りです。

  1. 0〜18歳およびその親世帯の人口動態およびその移動理由の分析
  2. 出生数・出生率の動向とその影響要因の分析
  3. 中高生の生徒数・卒業後動向分析
  4. 子育て世帯の働き方、就労状況、家族の時間分析
  5. 子育て世代の働く場としての地域の産業構造分析

 

キーワード:子ども子育て世帯増減への影響要因、定住への影響要因

研究期:2019年4月〜2021年3月

共同相:島根県邑智郡邑南町

 


お問い合わせ先

中山間地域研究センター

島根県中山間地域研究センター
〒690-3405 島根県飯石郡飯南町上来島1207
TEL:0854-76-2025 FAX:0854-76-3758
Mail:chusankan@pref.shimane.lg.jp