• 背景色 
  • 文字サイズ 

【田舎くらし設計】で島根の生活費を体感!

本センターでは、田舎暮らしを求めた移住後の生活費を設計(シミュレーション)できるソフト『田舎くらし設計』を開発しました。

このソフトは、島根県の中山間地域で実際に暮らしている家族の、詳細な生活費調査データを用いています。

定住世帯の収入イメージや家族構成(予定を含む)に基づき、今後3・5・10年間にかかる生活費や教育費などのシミュレーションを行うとことができます。

ソフトについて詳しくは

田舎暮らしの生活費がわかる【田舎くらし設計】ページをご覧ください。

 

 

体験会・UターンIターンフェアのお知らせ

「田舎くらし設計」は、オンライン体験会、体験会(県内在住の方向け)、およびUターンIターンフェア(県外からの移住希望者向け)で実際にシミュレーションを体験して頂けます。

 

 

オンライン田舎くらしの家計相談会

Web会議システムを使ったオンライン相談会です。島根県の田舎への移住をお考えの方に対し、生活費等の情報提供や、家計の見通しづくりのお手伝いをしています。
移住後の支出がどうなるか、どの程度の収入が必要か、実際に島根県で田舎に暮らす方の家計データを参考に、インストラクターと一緒に確認していきます。

 

下記のサイトからお申し込み頂けます。

田舎暮らし設計(外部サイト)

 

詳細は以下のページをご覧ください。

 

 

体験会(県内向け)の実施

令和元年より「田舎くらし設計」を利用した体験会を県内でも開催しています。

これは、既に島根県内にお住まいの方を対象に実施するものです。

今持っている家計のイメージで生活費や教育費がどうなるか、将来どうすれば支出と収入のバランスが良くなるか、インストラクターと一緒にシミュレーションを体験することができます。

 

過去の利用実績は以下をご覧ください。

 

 

UターンIターンフェアでの利用実績

中山間地域研究センターは、「しまねUターンIターンフェア」において、『田舎暮らし設計』ソフトを利用し、島根県への移住を検討している方々向けの相談ブースを設けています。

『田舎暮らし設計』ソフトでは、島根県で暮らしていく際の収入イメージや家族構成に基づき、今後必要となってくる生活費や教育費などのシミュレーションを行います。

「農業を始めたいけど、貯蓄はできるだろうか?」「田舎での子育て・教育にはどのくらいお金がかかるだろうか?」と思っている方が島根県での暮らしを具体的にイメージできるようにお手伝いをしています。

 

 

過去の利用実績は以下をご覧ください。

 

 

移住、定住に向けた自治体・団体への提供

本センターでは、県内の自治体・団体様向けに移住世帯の「家計モデルづくり」の支援として、『田舎くらし設計』(専用ソフト)の利用提供を行っています。

詳しくは以下をご覧ください。

 

 

 

ご利用に関するお問い合わせ

このソフトを利用してみたい、話を聞いてみたいという方は下記までご連絡ください。

 

【問い合わせ先】

島根県中山間地域研究センター

飯石郡飯南町上来島1207

担当:地域研究有田

電話:0854-76-3833

窓口アドレス:kakei@pref.shimane.lg.jp

 


お問い合わせ先

中山間地域研究センター

島根県中山間地域研究センター
〒690-3405 島根県飯石郡飯南町上来島1207
TEL:0854-76-2025 FAX:0854-76-3758
Mail:chusankan@pref.shimane.lg.jp