• 背景色 
  • 文字サイズ 

H30年度中国地方知事会中山間地域振興部会共同研究

 中国地方知事会中山間地域振興部会共同研究として、H30年度は「中間支援組織と協働した地域づくり支援手法」をテーマに研究に取り組んでいます。

研究の概要についてはこちらから

 

 研究の目的は、「地域課題解決に取り組む住民組織に対する中間支援組織の支援の事例から、行政と中間支援組織の協働による支援のメリット・デメリットを明らかにし、“中間支援組織による効果的な支援に必要な手法・条件整備”について提案を行う」ことです。

 

 現在、

(1)中国地方の中山間地域に位置する市町村(107市町村)に対して、中間支援組織との協働の可能性を把握するためのアンケート調査、

(2)自治体と協働している中間支援組織の事例について、中間支援組織・地域課題解決に取り組む住民組織・自治体の3者に対してヒアリング調査を行っています。

 

 今後、調査結果をもとに「中国地方における自治体と中間支援組織の協働の状況」、「中間支援組織による支援の特徴と効果(メリット)、課題」、「中間支援組織の安定的な運営に必要な条件」、「中間支援組織の役割拡大のために求められる条件整備」といった視点で研究をまとめていきます。

 


お問い合わせ先

中山間地域研究センター

島根県中山間地域研究センター
〒690-3405 島根県飯石郡飯南町上来島1207
TEL:0854-76-2025 FAX:0854-76-3758
Mail:chusankan@pref.shimane.lg.jp