学校全体で子どもを守ります!(石見養護学校不審者侵入対応訓練)

 7月21日、石見養護学校で教職員を対象とした不審者侵入対応訓練を実施しました。

 不審者役の警察官は、職員の目につきにくい場所から校内に侵入し、校舎内を歩き回ったり、教室を覗き込んだりしました。不審者を発見した職員は、周囲の教室に速やかに情報を伝え、男性職員を中心に刺股やほうき等を用いて不審者の退去を促す対応をとり、警察官が臨場するまでの間、不審者を子ども役の職員に近づけさせませんでした。

 振り返り会では、「マニュアルがあっても、子どもの安全を守るためには臨機応変に対応する必要がある」「現場の状況を全体に伝達する難しさを感じた」等の意見や感想が挙げられました。

 緊張感がありながらも、先生方のチームワークの良さと、機転のきいた好判断により、充実した訓練となりました。

不審者の退去を促す職員 不審者を追い詰め、取り押さえる様子 訓練後の振り返り会

  • 警察相談
  • 運転免許
  • 採用案内
  • 事件・事故統計
  • 落とし物
  • 犯罪被害者支援
  • 入札情報
  • 映像ライブラリ
  • 県民の皆さんからの応援メッセージ
  • 県民の皆さんへありがとう
  • 警察音楽隊
  • キッズコーナー