道仙広報官のちょっと いっぷくメッセージ

〜虫の目・鳥の目・魚の目〜

道仙広報官

こんにちは。広報官の道仙(どうせん)です。
今回は『高齢ドライバー』の方へのメッセージです。


 

 県警察では、運転に支障のない高齢者に対し『高齢ドライバーいきいき安心カード』を活用した安全運転の呼びかけを行っています。
この安心カードは、カラー印刷でA4判サイズを二つ折りにしたパンフレットで、警察本部が作製したものです。
パンフレットの内容は、1分間の指体操として「親指グーパー」「指先合わせ」「足し算指曲げ」といった3種類のごく簡単な指体操要領がイラスト入りで分かりやすく紹介されています。

私も、“ちょっといっぷく”の一時を利用し、この指体操を行ったところ、「指合わせ」と「足し算指曲げ」は、スムーズとは言えないにせよ、ゆっくりした動作でできました。
しかし、「親指グーパー」にあっては、ゆっくりとした動作でも思うようになかなかいかず、脳と体の動きの乖離が大きくなったのではないかと加齢や健康状態を心配するようになりました。

若い頃、このような指体操を行ったことがないため、現在とを比較しようがありませんが、あんがい若い頃もまともできなかったかもしれません・・・・。
私は50歳代の半ば。日常生活において、持とうとした物や持っていた物を落とすことが増えてきており、何らかの衰えが出てきてもいるのだと思っています。
また、指体操の結果を踏まえ、運転が着実に下手になってきたと感じてもいます。
その例が「バック運転」です。
駐車区画にまっすぐに止められないことが多くなり、後方との距離感覚が若い頃より悪くなったと痛感し、「加齢に伴う身体機能の低下」が身にしみてきています。

特に高齢者の皆さん、この『高齢ドライバーいきいき安心カード』をご覧いただき『1分間指体操』を車を運転する前に、ぜひ行ってください。
指には、脳につながる神経が多く、指を動かすと脳を活性化することができます!
これからは、この指体操を取り入れ、脳の活性化に向けて取り組むこととします。
もちろん、安全運転に向けても!!

 

★一分間指体操はこちら

  • 警察相談
  • 運転免許
  • 採用案内
  • 事件・事故統計
  • 落とし物
  • 犯罪被害者支援
  • 入札情報
  • 映像ライブラリ
  • 県民の皆さんからの応援メッセージ
  • 県民の皆さんへありがとう
  • 警察音楽隊
  • キッズコーナー