カラーガード班結成20周年「リーダーの思い」

 入隊3年目でカラーガード班のリーダーとなった内田夏美主事は、昨年までのカラーガード班員が全て異動となったことから、一人で一から後輩にカラーガードの演技を教えることになりました。演技や振り付けには教科書がなく、簡単な演技を自分で考え、それを後輩に教えながら、最初は簡単なポンポンから、少しずつレベルアップし、フラッグ(旗)演技もできるようになりました。

 県警音楽隊カラーガード班結成20周年の節目の年である定期演奏会を目標に、カラーガード班が一丸となって練習を重ねました。その結果、島根県民会館の大ホールが満席になるほどの多くの方々にすばらしい演技をみていただくことができました。「皆さんに良かったよと言われてうれしかった。今後も、持っている能力を引き出し、レベルの高い演技をしたい。」と語りました。

 

リーダーの思い

  • 警察相談
  • 運転免許
  • 採用案内
  • 事件・事故統計
  • 落とし物
  • 犯罪被害者支援
  • 入札情報
  • 映像ライブラリ
  • 県民の皆さんからの応援メッセージ
  • 県民の皆さんへありがとう
  • 警察音楽隊
  • キッズコーナー