平成22年島根県警の主な出来事

女子大学生被害死体遺棄等事件で捜査特別報奨金に係る懸賞広告を実施

【2月】

女子大学生被害死体遺棄等事件で捜査特別報奨金に係る懸賞広告を実施
死体遺棄等事件ちらし
懸賞広告のチラシ

 広島県山県郡北広島町地内における女子大学生被害死体遺棄等事件について、平成22年2月26日から捜査特別報奨金に係る懸賞広告を実施した。平成19年に捜査特別報奨金制度の導入後、当県では初めての広告となった。

子どもと女性の安全対策を一元化〜「少年女性対策課」の発足

【3月】

子どもと女性の安全対策を一元化
写真1
防犯講習の模様
 平成21年10月に発生した女子大学生被害死体遺棄等事件の発生による県民の不安の高まりや、子ども・女性に対する声かけ・つきまとい、暴力事案の増加等の情勢を踏まえ、子どもと女性の安全対策業務の一元化を図り、総合的な取組を推進するため、少年課の業務に生活安全企画課の「子ども・女性安全対策隊」業務、生活環境課の「DV・ストーカー係」業務を加えた「少年女性対策課」が発足した。

ち密かつ適正な捜査を推進するための体制強化〜「刑事企画課」の発足

【3月】

「刑事企画課」の発足

画像1

取調室

裁判員裁判への的確な対応や取調べ適正化施策の指導教養など、より一層ち密かつ適正な捜査を推進するために「刑事企画課」が発足した。

道路交通環境の変化に的確に対応するための体制強化〜「交通規制課」の発足

【3月】

「交通規制課」の発足

写真2

高速道路インターチェンジ

 中国横断自動車道尾道松江線や地域高規格道路松江第五大橋道路などの道路の新設、延伸をはじめとする道路交通環境の変化に的確に対応した交通規制を実施し、その他交通の安全と円滑を確保するための交通信号機、交通管制システムの高度化整備、運用を推進するために「交通規制課」が発足した。

内職あっせんを仮装した組織的詐欺事件を検挙

【4月】

内職あっせんを仮装した組織的詐欺事件を検挙
イラスト

 悪質商法110番への相談を端緒に、千葉県警察、大分県警察との合同捜査により、内職あっせんを仮装し、全国の応募者約1,700人から約5億2,000万円を騙し取っていた組織的詐欺事件を検挙した。(長官賞受賞)

高齢運転者等専用駐車区間制度がスタート

【4月】

高齢運転者等専用駐車区間制度がスタート

画像2

専用駐車区間

 多くの高齢運転者等が日常生活において利用する施設等の周辺の道路上に、道路標識を設置した区間において、公安委員会が交付する高齢運転者等標章を掲出した普通自動車を高齢運転者等が運転している場合に限り駐車することができる制度が平成22年4月19日に施行された。

 現在、8市町の14区間に32台分の専用駐車区間を設け、専用場所駐車標章を約520件交付している。

江津市内で発生した連続放火事件を相次いで検挙

【5・6月】

江津市内で発生した連続放火事件を相次いで検挙
イラスト2

 平成22年4月から同年5月までの間、江津市桜江町地内で発生した連続放火事件、及び平成22年1月と4月に江津市江津町地内で発生した連続放火事件を検挙した。

初動警察刷新強化で島根県警察通信指令競技会が13年ぶりに復活

【6月】

島根県警察通信指令競技会が13年ぶりに復活

写真3

競技会の模様

 初動警察刷新強化の取組の一環として通信指令競技会を13年ぶりに開催。7警察署が参加し、出雲警察署が優勝した。

 このほか、技能検定制度の導入等人材育成に関する施策を推進した。

第22回参議院議員通常選挙違反取締りにおいて現金買収事件を検挙

【7月】

現金買収事件を検挙

イラスト3

 第22回参議院議員通常選挙違反取締りにおいて、運動員に対し、法定額を上回る報酬を支払ったとする現金買収事件を検挙し、関係被疑者3名を逮捕した。

 現金買収事件の検挙は、平成15年以降7年ぶり。

松江市鹿島町における民家裏山崩落事案で救助活動を実施

【7月】

民家裏山崩落事案で救助活動を実施
写真4
現場での活動状況

 7月16日午前2時頃、松江市鹿島町において民家の裏山が崩落し、母子3人が直径約4mの岩石の下敷きとなる災害が発生。県警察は松江市消防本部等と連携し、約10時間に及ぶ救助活動を実施した。

皇太子殿下の行啓に伴う警衛警備を完遂

【7・11月】

警衛警備を完遂

写真5

警衛警備の模様

 皇太子殿下の第46回献血運動推進全国大会(7月15日)及び第13回全国農業担い手サミットinしまね(11月10日)御臨席等に伴う行啓警衛警備について、県警察の総力を挙げて取り組んだ。

犯罪の起きにくい社会づくりで各業界との重層的な防犯ネットワークを構築

【8・10月】

重層的な防犯ネットワークを構築

写真6

覚書の締結式の模様

 犯罪の起きにくい社会づくりを目指し、振り込め詐欺や金融犯罪を抑止するために、県内の全金融機関を網羅する「振り込メールネット」を結成したほか、万引き防止対策として主要ドラッグストアチェーン店で「ドラッグストア安全安心ネットワーク」を結成したり、女性の安全対策を視点に県内の不動産取扱事業者によって「アパート安全安心ネットワーク」を結成したりするなど、各業界と結びついた重層的な防犯ネットワークづくりを展開した。

全国白バイ安全運転競技大会団体第二部で総合優勝

【9月】

全国白バイ安全運転競技大会団体第二部で総合優勝

写真7

受賞後の記念写真

 9月11日、12日の両日、茨城県ひたちなか市において開催された「第42回全国白バイ安全運転競技大会」において、本県警代表の田中、別所両選手は、39チームが参加した第二部において団体総合優勝した。島根県警の優勝は、平成16年に続いて6年ぶり3回目。

 また、田中選手は個人総合第5位、種目別でもモトクロス競技において第3位にそれぞれ入賞した。

大学生による麻薬製造及び覚せい剤原料製造予備事件を摘発

【11月】

麻薬製造及び覚せい剤原料製造予備事件を摘発

写真8

押収した薬品

 大学生による麻薬及び向精神薬取締法違反(通称:PCPの製造)及び覚せい剤原料製造予備事犯を摘発した。

 麻薬製造事犯の摘発は全国的にもまれで、平成7年のオウム真理教以来となった。

交通死亡事故61-0(ろくいち-ゼロ)作戦の実施

【11・12月】

交通死亡事故61-0(ろくいち-ゼロ)作戦

写真9

交差点での活動の模様

 島根県の交通死亡事故の特徴である「高齢者・夜間・国道」の3つのことば(みこと)をキーワードに交通事故から県民の命(みこと)を守る「みこと運動」を推進し、交通死亡事故の抑止に努めた。

 また、全ての道路利用者の交通ルールの遵守とマナーアップを図り、5割を超える交差点事故を防止して交通死亡事故の抑止を図るため、11月・12月の2ヶ月間(61日間)、朝夕毎日、県内18箇所の主要交差点において、制服警察官による交通街頭指導及び交通取締りを重点的に行った。(61-0(ろくいち-ゼロ)作戦)

高病原性鳥インフルエンザ発生に伴う防疫支援

【11・12月】

高病原性鳥インフルエンザ発生に伴う防疫支援

写真10

消毒ポイントでの交通誘導の模様

 11月29日、安来市内の養鶏農家で発生した高病原性鳥インフルエンザに伴い、県警察は、早期に対処態勢を確立し、発生農場への立入制限規制や、消毒ポイントにおける交通誘導など防疫支援活動を展開した。

山口組系暴力団に対する集中取締りと「島根県暴力団排除条例」を制定

【12月】

山口組系暴力団に対する集中取締りと「島根県暴力団排除条例」を制定
写真11

 三代目細田組の組長以下主要幹部等3名を貸金業法違反で逮捕して打撃を与えるとともに、「社会対暴力団」の構図のもとに、県全体で暴力団排除機運を高め、県民や事業所が関係機関・団体と一体となって暴力団を孤立化させる仕組みをつくるため、暴力団排除の基本理念や県の基本施策を盛り込んだ「島根県暴力団排除条例」を制定した。

  • 警察相談
  • 運転免許
  • 採用案内
  • 事件・事故統計
  • 落とし物
  • 犯罪被害者支援
  • 入札情報
  • 映像ライブラリ
  • 県民の皆さんからの応援メッセージ
  • 県民の皆さんへありがとう
  • 警察音楽隊
  • キッズコーナー