「原田春喜警部補」が「島根県民の警察官」として表彰されました

地域住民の安全と安心を守り地道な活動を行う警察官を顕彰するという趣旨で、昭和49年に産經新聞社及び山陰中央テレビの提唱により始まった「第43回島根県民の警察官」表彰式が、平成28年12月13日(火)松江市内において開催され、益田警察署中西駐在所勤務、「原田春喜」警部補(53歳)と同夫人が招待され、産經新聞松江支局長等から表彰状や青銅盾、花束などが贈呈されました。

 原田警部補は、昭和57年に島根県警察官として採用され、以来、警察人生のほとんどを地域警察官として派出所・駐在所等で勤務し、地域住民からの要望把握、問題解決活動、広報活動、交通安全指導等、地域に密着した活動を積極的に行っています。

 そのことが、平成28年11月4日開催された産經新聞社及び山陰中央テレビ提唱による「島根県民の警察官」選考委員会(松江青年会議所理事長ほか有識者4名)において評価され、満場一致で選考されたものです。

表彰を受ける様子1表彰を受ける様子2表彰を受ける様子3表彰を受ける様子4

  • 警察相談
  • 運転免許
  • 採用案内
  • 事件・事故統計
  • 落とし物
  • 犯罪被害者支援
  • 入札情報
  • 映像ライブラリ
  • 県民の皆さんからの応援メッセージ
  • 県民の皆さんへありがとう
  • 警察音楽隊
  • キッズコーナー