交番の警察官のしごと

くらしの安全をまもる

交番の警察官のしごと
警察官の仕事
 皆(みな)さんの安全を守るため、登校時間や下校時、ぐっすり寝ている深夜など、昼夜を問わずパトロールをしています。
パトロール

 いろいろな事件が起こります。警察本部や警察署・パトロールカーの警察官とのチームプレーで、犯人をつかまえます。

逮捕イラスト
パトロールをしながら、道がわからない人に道順を教えたり、交通取締りなどをします。
地理教示
皆さんの家庭や会社・一人で暮らしているお年寄りの家庭などを訪ねて、困りごと相談を受けたり、犯罪を防ぐ方法などをお話しします。
午前11時

 学校や幼稚園にいく子供たちが安全に通学・通園できるように、学校の先生や地域の人たちと協力して、交通指導をします。

交通指導
変な人が街をうろついていないか、困った人はいないかなど、交番の前に立って立番をします。
立番イラスト

 交番にいて落とし物を預かります。落とし物をした人はとても困っていますから、拾った人はできるだけ早く交番か駐在所に届けましょう。

落とし物

 皆さんの家庭や地域のボランティアの人、学校などに「事件や事故」などのことを新聞やチラシを作って知らせます。
また、地域の人と一緒に活動します。

女性警察官

 

交番と駐在所のちがいは?

ねずみ

  • 交番はおもに街中に、駐在所は郊外や山間部にあります。
  • 交番の警察官は朝から一晩中パトロールなどをしており、毎日交替でいろいろな仕事をしています。
  • 駐在所の警察官は、家族と一緒に生活しながら仕事をしています。
  • 警察相談
  • 運転免許
  • 採用案内
  • 事件・事故統計
  • 落とし物
  • 犯罪被害者支援
  • 入札情報
  • 映像ライブラリ
  • 県民の皆さんからの応援メッセージ
  • 県民の皆さんへありがとう
  • 警察音楽隊
  • キッズコーナー