制限外積載

道路使用許可の概要

 道路交通法では、定められた乗車人員又は積載物の重量、大きさ等の制限を超えて車両を運転することを禁止していますが、貨物が分割できず大きさ等の制限を超える場合等は、警察署長の許可を受けることができるものです。

許可の対象

制限外積載

大きさの制限を超える場合

○自動車の長さにその長さの10分の1を加えたもの
○自動車の幅以上
○3.8メートルの高さからその自動車の積載する場所の高さを減じたもの
(ただし、島根県公安委員会が指定する道路については4.1m)

【例】

高さを超える場合長さが超える場合

 

積載方法の制限値を超える場合

○前後自動車の長さの10分の1の長さを超えてはみ出すもの
○左右車体の左右からはみ出すもの

 

【例】

前後で長さを超える場合幅を超える場合

 

 

許可の限度

○長さ

 自動車の長さに10分の5の長さを加えたものを超えないこと。

○幅

 自動車の幅に1.0メートルを加えたものを超えないこと。

○高さ

 積載時の高さが4.3メートルを超えないこと。

○方法

 ・自動車の車体の前後から自動車の長さの10分の3の長さを超えてはみ出さないこと

 ・自動車の車体の左右0.5メールを超えてはみ出さないこと。

設備外積載

 公職選挙法に定める選挙運動や政治活動を行う場合や祭礼行事等のため車両装飾を行う場合等、社会通念上やむを得ないと認められる場合、積載のために設備された場所以外への積載を認めるものです。

荷台乗車

 祭礼行事等のため荷台乗車を行う場合等、社会通念上やむを得ないと認められる場合、荷台への乗車を認めるものです。

 ただし、貨物を看守するため必要最小限の人員が乗車する場合は、許可の対象外となります。

申請場所

 出発地を管轄する警察署、交番、駐在所

申請書類

(1)制限外積載・設備外積載・荷台乗車許可申請書2通
(2)運転者が複数いる場合は、全員分の運転免許証の写しもしくは一覧表
(3)申請内容に応じて審査に必要な書類
【例】自動車検査証の写し

申請期間

 いつでも申請できます。

許可の期間

 原則、その都度の許可となります。

 ただし、同一運転者により定型的に反復、継続する運搬(同一車両で、同一品目の貨物を、同一の積載方法により、同一の経路で運搬)する場合は、3か月まで許可できます。

その他

 制限外積載は、積載方法や積載時の車両の大きさ等により、道路法に基づく道路管理者の許可(特殊車両通行許可)が必要な場合があります。

  • 警察相談
  • 運転免許
  • 採用案内
  • 事件・事故統計
  • 落とし物
  • 犯罪被害者支援
  • 入札情報
  • 映像ライブラリ
  • 県民の皆さんからの応援メッセージ
  • 県民の皆さんへありがとう
  • 警察音楽隊
  • キッズコーナー