島根県警察運転免許

IC運転免許証について

 このページは、ICカード化された運転免許証(以下「IC運転免許証」といいます。)について、ご説明しています。

 島根県では、平成19年1月4日からIC運転免許証の交付を行っております。

【IC運転免許証】について

 IC運転免許証は、氏名や住所などの運転免許証記載情報を記録したICチップを運転免許証の中に埋め込んだものです。

 

※ICチップには、運転免許証に記載されている全ての内容と本籍・国籍等が記録されています。

※IC運転免許証には、プライバシー保護のため、本籍・国籍等の記載をしておりません。

 

【IC運転免許証】のセキュリティーについて

 運転免許証の中に埋め込まれているICチップの記録情報を本人の同意なしに読み取られること(スキミング)を防止するため、申請者の方に暗証番号(数字4桁で1と2の二つ)を設定していただいております。

 IC運転免許証の記載情報をご自分でご確認いただく際には、この暗証番号(1と2の二つ)を入力してください。

 なお、島根県内では、IC運転免許証記載内容確認装置を運転免許センターと西部運転免許センターに設置しております。

※IC運転免許証の記載情報をご確認いただく際、暗証番号の入力を3回間違えられますと、ICチップにロックが掛かり、それ以降確認ができなくなります。

 IC運転免許証の記載情報の確認ができなくなった方や暗証番号を忘れてしまった方は、次の場所に直接本人がIC運転免許証をお持ちいただき、ICチップのロック解除の申請や暗証番号の照会をしてください。

申請場所

運転免許センター(松江市)、西部運転免許センター(浜田市)

各警察署及び広域交番

申請日

月曜日〜金曜日(運転免許センター及び西部運転免許センターでは日曜日も受け付けております。)

※国民の祝日・休日(国民の祝日が日曜日の場合を除く。)及び12月29日から翌年の1月3日までの間は除きます。

受付時間

8:30〜17:00

(ただし、運転免許センター及び西部運転免許センターでの日曜日の受付は、8:15〜16:30までです。)

 

IC運転免許証の暗証番号の選び方について

 

【暗証番号1】について〔券面記載情報を読み出し〕

 暗証番号1は、券面に記載されている情報しか読み出せないので、原則、運転免許証の券面に記載されている免許証番号(赤色部分の4桁)を利用することが便利です。

 (新規に申請する場合を除く。)

免許証

 

【暗証番号2】について〔顔写真と本籍を読み出し〕

 暗証番号2は、顔写真のほか、券面に記載されていない本籍をICチップから読み出します。本籍情報は、提供する相手を見極めてから提供できるよう、暗証番号2は、本人しか知り得ない秘密番号を設定しましょう。また、推測されやすい生年月日、電話番号等から選び出すことを避けるとともに、キャッシュカードやクレジットカードなどの暗証番号とも異なる番号にしましょう。

  • 警察相談
  • 運転免許
  • 採用案内
  • 事件・事故統計
  • 落とし物
  • 犯罪被害者支援
  • 入札情報
  • 映像ライブラリ
  • 県民の皆さんからの応援メッセージ
  • 県民の皆さんへありがとう
  • 警察音楽隊
  • キッズコーナー