島根県警察運転免許

チャレンジ講習 

 このページは、チャレンジ講習について、ご案内しています。

講習の概要

 運転免許証の更新申請をされる方及び運転免許証の有効期間が経過したことを理由として運転免許試験の一部免許による申請(以下「特定失効による申請」といいます。)をされる方のうち

 ・更新申請をされる方については、運転免許証の有効期間が満了する日における年齢が70歳以上となる方

 ・特定失効による申請をされる方については、更新時の年齢が70歳以上の方

 を対象とした講習で、実際に普通車を運転していただき、走行が一定の基準を満たしているかどうかの審査(テスト)を行います。

 審査に合格すれば、「特定任意高齢者講習(簡易)」を受けることができ、これを受けた方は、「高齢者講習」が免除されます。ただし、不合格の場合は、再度、高齢者講習を受けることになります。

 

 また、75歳以上の方は、講習を受講する前に「講習予備検査」の受検が必要となり、その結果、判断力・記憶力に心配ないと判定された方のみが受講できます。

 

 ※講習予備検査についての詳しい説明や、検査のやり方、検査用紙等の詳細はこちら(警察庁のホームページ(外部サイト)をクリックしてください。

 

講習内容

 一般課題(法規走行)、特別課題(危険回避のスラローム走行)のコースを普通車で走行していただき、審査を行います。(30分)

受講期間

 ○更新申請をされる方は、免許の有効期間が満了する日の6か月前から有効期間が満了する日までに受講してください。

 ○特定失効による申請をされる方は、申請前に受講してください。

受講方法

 ○この講習は、県内の各自動車教習所で行っております。希望の自動車教習所に電話でお申し込み下さい。

 (詳しくは、指定自動車教習所をご覧ください。)

 ○この講習につきましては、事前に送付する「高齢者講習通知書」又は「認知機能検査・高齢者講習通知書」をご覧ください。

手数料

 ○70歳以上75歳未満の方のチャレンジ講習受講手数料は、2,750円です。

 ○75歳以上の方は、講習予備検査受検手数料650円が加わります。

講習に必要な書類等

 ○「高齢者講習通知書」又は「認知機能検査・高齢者講習通知書」

 ○運転免許証

 ○筆記用具

 ○手数料

 ○講習予備検査を既に受けられた方は、講習予備検査結果の通知書

その他

 ○この講習では、実車走行による審査がありますので、運転に適した服装及び靴でお越し下さい。

 


なお、不明な点につきましては、次にお問い合わせください。

 島根県運転免許センター

 島根県松江市打出町250−1TEL・FAX(0852)36−7400

 

  • 警察相談
  • 運転免許
  • 採用案内
  • 事件・事故統計
  • 落とし物
  • 犯罪被害者支援
  • 入札情報
  • 映像ライブラリ
  • 県民の皆さんからの応援メッセージ
  • 県民の皆さんへありがとう
  • 警察音楽隊
  • キッズコーナー