ブレーキのない自転車に乗っていませんか?

 いわゆる「ピスト(競輪などの競技用自転車)」には、道路(公道)を走行することが想定されていないため、ブレーキやライトなどがありません。

 ブレーキのない自転車で道路を走行することは大変危険な行為であり、東京都内や神奈川県内では実際に死亡事故も発生しています。

 ブレーキ、前照灯、後部反射器材、警音器のいずれかひとつが壊れているか、取り付けられていない自転車は、法律違反となり道路を走行することはできません。


 例道路においてブレーキを備えていない自転車を運転した場合は、「5万円以下の罰金」が課せられます。

 

チラシ→PDF(382KB)

  • 警察相談
  • 運転免許
  • 採用案内
  • 事件・事故統計
  • 落とし物
  • 犯罪被害者支援
  • 入札情報
  • 映像ライブラリ
  • 県民の皆さんからの応援メッセージ
  • 県民の皆さんへありがとう
  • 警察音楽隊
  • キッズコーナー