注意喚起情報

WPA2のぜい弱性について(H29.10.17)

無線LANの通信規格であるWPA2のぜい弱性が公開されました。

このぜい弱性が悪用された場合、無線通信の盗聴の可能性があります。

次の対策の実施をお願いします。

  • ソフトウェアのアップデートを行う

(H29.10.17現在、Windowsについては修正プログラムが公開されていますので、確実に適用してください。)

  • 重要な通信をHTTPで行わない

(ID、パスワードなど重要な情報を送受信する際は、HTTPSでの通信がなされているか確認しましょう。)

今後も、各製品開発者から提供される情報を注視し、ソフトウェアのアップデートを行うなど被害防止に努めてください。

【参考情報】

  • 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)

WPA2における複数の脆弱性について(外部サイト)

  • 警察相談
  • 運転免許
  • 採用案内
  • 事件・事故統計
  • 落とし物
  • 犯罪被害者支援
  • 入札情報
  • 映像ライブラリ
  • 県民の皆さんからの応援メッセージ
  • 県民の皆さんへありがとう
  • 警察音楽隊
  • キッズコーナー