サイバー犯罪について

サイバー犯罪について

 パソコンや携帯電話等の急速な普及と高速で安価なネットワークサービスの提供により、インターネット利用者が急増しています。その一方でこれらを悪用した犯罪、つまりサイバー犯罪やトラブルも急増し続けています。
利用者の皆さんは、サイバー犯罪やインターネット上でのトラブルに巻き込まれないよう、十分注意して利用してください。

 

 

サイバー犯罪とは

ネットワーク利用犯罪

  • インターネット等を利用した詐欺、架空請求、フィッシング(Phishing)
  • インターネット等を利用した覚せい剤等の薬物、けん銃、偽ブランド品及び海賊版等の違法な物品の販売
  • いわゆる出会い系サイト等を利用した売春防止法違反、児童福祉法違反、青少年健全育成条例違反
  • インターネット等を利用したわいせつ物、児童ポルノの販売、頒布
  • 電子メールや電子掲示板等を利用した脅迫、名誉毀損

 

不正アクセス禁止法違反

  • アクセス制御されているコンピュータに、他人のID・パスワードを入力したり、利用の制限を免れる指令を与えて、利用可能な状態にする行為。
  • 不正アクセス行為をする目的で、他人のID・パスワードを取得する行為。
  • 他人のID・パスワードを第三者に提供する行為。(他人のIDやパスワード等を電子掲示板等で公開するなど)
  • 不正アクセス行為をする目的で、不正に取得された他人のID・パスワードを保管する行為。
  • フィッシング行為。

コンピュータまたは電磁的記録を対象とした犯罪、コンピュータ・ウイルスに関する罪

コンピュータシステムの機能を阻害する犯罪

コンピュータシステムを不正に使用する犯罪

コンピュータ・ウイルスを作成、使用する罪

インターネット利用上の注意事項

  • IDやパスワードなどは厳重に管理しましょう。(不用意に他人に教えない、容易に推測可能なパスワード避ける、定期的にパスワードを変更するなど)
  • パソコンのOSやソフトウェア(ブラウザやメールなど)には、最新のセキュリティパッチ(修正プログラム)を適用しましょう。
  • ウィルス対策ソフトの導入、更新を行いましょう。
  • オークションなどの取引や懸賞・アンケートに応募する際には、信頼できる相手かどうかを十分確認しましょう。
  • コンピュータの未使用時には、電源切断またはネットワークから切り離しましょう。
  • 実社会に置換えて冷静に判断し、ルールやマナーを守りましょう。

 

 

  • 警察相談
  • 運転免許
  • 採用案内
  • 事件・事故統計
  • 落とし物
  • 犯罪被害者支援
  • 入札情報
  • 映像ライブラリ
  • 県民の皆さんからの応援メッセージ
  • 県民の皆さんへありがとう
  • 警察音楽隊
  • キッズコーナー