• 背景色 
  • 文字サイズ 

 


水稲新品種‘ミコトモチ'の育成 


田中 亙・播磨邦夫・月森 弘・安達康弘・杉山万里・高橋眞二・吾郷宏光・富田節雄・加納正浩・山本 朗・松崎友史・福田 誠・藤原耕治・安原宏宣・陶山研治・神田正治・重栖睦弘・広沢敬之


摘要

  水稲糯新品種‘ミコトモチ'は2008年に島根県農業技術センターで育成された.

  1. ‘ミコトモチ'は1987年に‘山陰糯83号'を母本,‘中部糯57号'を父本として交配し,その後代から育成した糯種である.1998年に‘島系糯54号'の地方番号名を付し,奨励品種決定試験において‘ヤシロモチ'と比較検討し,2008年に島根県の奨励品種に採用された.
  2. 本品種の熟期は早生の晩に属し,草型は中間型である.‘ヤシロモチ'と比較して倒伏抵抗性,穂発芽性,玄米外観品質,白米の白度及び餅の白度が優る.
  3. 本品種は標高300m以下の地力中庸地における早植えに適応する.

 

 


お問い合わせ先

農業技術センター

島根県農業技術センター
〒693-0035 島根県出雲市芦渡町2440
 TEL:0853-22-6708 FAX:0853-21-8380
 nougi@pref.shimane.lg.jp
  <携帯・スマートフォンのアドレスをご利用の方>
  迷惑メール対策等でドメイン指定受信等を設定されている場合に、返信メールが正しく届かない場合があります。
   以下のドメインを受信できるように設定をお願いします。
  @pref.shimane.lg.jp